夕べに死すとは不可解なり(新生蝶(2015-No.11))

 
 朝方は8℃、最高気温は24℃、まるまる一日晴れていました。
 
 
ハンミョウ(ハンミョウ科)
ハンミョウ
ハンミョウ
 庭の通路のタイル上にいて、なかなか近寄らせてもらえず、道おしえの名のとおり鬼さんこちらの状態でした。隣は水やりのホースです。

 今季の初ハンミョウ、いくら道を聞いたとしても夜死んでは困ります。まぁ見かけたのは午後のことでしたが・・・(^^ゞ



 パトロールに出ても相変わらずヤマトくんは見つからず、一方庭でもチョウの数が増えてきました。
 
 
スジグロシロチョウ(春型 ♀ シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ 春型 ♀
 庭の砂利敷きにこぼれ種で広がったタイムで吸蜜中です。
 余談ですが、タイムの名をよく忘れるので、声を出さず「スカボローフェア」を歌います。ローズマリーなら「ローズマリーの赤ちゃん」で忘れないのですが・・・(^^ゞ
 
スジグロシロチョウ 春型 ♀
 花壇のこれもこぼれ種のクリサンセマム・ノースポールに移りました。

 スジグロシロチョウの出現時期は、例年とそれほど変わらないようです。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20152014201320122011
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/20 3/16 3/16 3/27 3/17
ルリシジミ 3/20 3/28 3/17 3/31 3/28
コツバメ 3/22 4/3 3/19 4/13
トラフシジミ 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15 4/21 11
ベニシジミ 4/15 3/25 3/16 4/8 3/26
アゲハ 4/16 3/29 3/30 4/17 4/10
ツマキチョウ 4/17 4/10 4/2 4/27 11 5/2 12
ツバメシジミ 4/24 4/12 10 4/1 4/17 4/5
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11 4/18 10
モンキチョウ 4/24 3/28 3/25 4/14 4/12
スジグロシロチョ
 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12 4/5
ミヤマセセリ   3/31 5/8 13 5/5 14 5/7 13
ヤマトシジミ   4/9 4/10 4/15 4/7
コチャバネセセリ   4/27 13 6/27 16 5/5 14 5/8 14
クロアゲハ   5/6 14 5/13 14 5/7 16 4/16
ツマグロヒョウモ
   5/11 15 5/13 14 4/29 13 5/9 15
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理
 しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月の場合、この16種内での相対的順位を表示している場合
 があります。

(テーブルが乱れていますが、原因が判明しません。明日修正することにします。)
原因は相変わらず分かりませんが、不細工ながら格好はつきました。(4/26追記)
 
 
 
ムラサキシジミ(産卵 シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 10:34)
ムラサキシジミ 産卵
 ムラシ・ポイントです。昨日の今日なので産卵するのではないかと思っていましたが、主には全開翅狙いでした。
 
ムラサキシジミ(産卵 13:14)
ムラサキシジミ 産卵
 かなり時間が開いていて、翅の傷み具合からは別個体のように思われます。

 テングチョウなどでもそうですが、産卵が1日で終わらないことは珍しいことではなさそうです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 甲虫  シロチョウ科  ムラサキシジミ  産卵 

Comment

No:6878|
日中は暑いくらいの陽気が続きますのに、
やはりそちらでもチョウ影が薄いですか。
陽気が良すぎて活発に飛びまくってるのもあるかもしれませんが、トホホな気分です。
こちらでは、アゲハがぼつぼつで、ヒメウラナミジャノメから一向に進みません。
ハンミョウ、観たらきっと追っかけすると思います。(^^)

No:6879|
こんばんわー
昨日、今日と暑い日になり、まさに、蝶三昧になるのではと
思いましたが、我が地域では予想外に出会えませんでした。
uke-enさんちでは、ほぼ例年通りに現れてる…と、言っても
良いのでしょうか。
↓記事の「ヒメウラナミジャノメ、ムラサキシジミ」も・・・
もう、その時期なのですね。我が屋ではベニシジミを撮影した
くらいで、相変わらず蝶に会えずにいますよ。
No:6880|ハンミョウ似
行動はハンミョウにそっくり、でも羽の色が
茶色ぽくはてなく調べてみましたがわかりませんでした。
又この虫を追いかけていたら黒っぽい蝶が近づきました。
ぬき足さし足カメラに収まったのはルリタエハのようでした。
明日は暑くなりそうです。
No:6881|Matsu さん
お帰りなさい。もうですか。
あそこだろうという国なら、1箇月くらいはお戻りではないと思っていました。^O^

まだ本格的というにはほど遠いものがありますが、本日は蝶影もそれなりに厚みを増してきました。一瞬ですが青光りした黒いアゲハも見かけましたよ。翔び回っているのは同様で、まともな写真にはなかなかです。

初ハンミョウなら一も二もなく載せますが、特徴的な甲虫類、ホウジャク(飛んでた)などは記事の都合によることもままあります。
No:6882|kucchan さん
本日は、今季初めてアワワの蝶三昧でしたよ。
新生蝶も13種になり、遅れ目にしろ4月のノルマ?は一定果たせたようです。ただ、個体数はまだまだ少ないように感じます。

翔んでるチョウなら確認できないですがまだ種類は増えそうです。ちょっとでもとまってくれないかなと願う今日この頃です。
No:6883|自然を尋ねる人さん
ハンミョウ類似の茶色いものといえば、同じハンミョウ科のニワハンミョウ若しくはツチハンミョウ科(縁遠い)のキイロゲンセイくらいでしょうか。
ハンミョウ科は最近ゴミムシ科の亜科になっているそうで、ゴミムシの仲間には似たようなものが多く、私には識別できません。次の記事に載せてくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する