キタテハ越冬一戸建

 
 昨日まで2日続きの雨、やっと上がったと思っても、時おり曇る一日でした。
 朝方は8℃、最高気温は15℃、空気が冷たく感じました。



 雨後のキタキチョウの様子をパトロールしていると、Bブロックのコシダの中に枯葉が引っかかっていました。
 
キタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 15:16)
キタテハ
キタテハ
 左右どちらから見ても枯葉にしか見えませんが、太陽に透かしてみると斑紋が確認できました。
 
(15:17)
キタテハ
 キタテハはおねむ中逆さになっていると聞いていたのですが、頭部は薄暗くなっていて、前翅翅頂は崖面に接したようになっているし、白いL字形は前後翅のどちらだったっけ・・・^^;

 写真で見るとその辺りは杞憂だったようで、下唇鬚(かしんしゅ:頭部の鼻のように見える一対の角)もハッキリ見えていてやはり逆さになってコシダの軸につかまっているようです。

 これまで越冬中のキタテハを追い出したことは2~3回ありますが、シーズン中も含めて寝相を確認したのは今回が初めてです。見つけるまでに下方を往復したのですが、熟睡していてくれたのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)  タテハチョウ科 

Comment

No:6690|
今季も初お目見えのキタテハの越冬おめでとうございます。
越冬状況が最後まで観察できれば最高ですね。私も(^▽^)/
ふと思ったのですがなぜ雨漏りするようなコシダを塒にするのでしょうか。
シジミチョウの様に青天井の下や雨除けの少ないシダの下を塒にするのは天敵が少ないのでしょうか?
広葉樹の葉裏にとまればしのぎやすい様に思えるのに、それぞれ好みの場所ああるようですが何か利点があるんでしょうかね。
No:6691|
越冬中キタテハの発見おめでとうございます。
キタキチョウと似たような場所で休眠中ですね。
今まで見たのは、窪みの内側にあるササの茎に止まったり、枯草の間に止まったりしていて、大半は日陰、太陽の角度によっては少しだけ日が当たる程度の場所がほとんどでした。
休眠場所としては、ずいぶん表側だなあという印象です。
これからの観察の楽しみがひとつ増えましたね。
No:6692|hitori-shizuka さん
キタテハは一晩の観察になってしまいました。昨日の午前中、陽射しもかなり強かったためか、翅を開閉し、移動して開翅した後翔び立たれてしまいました。別固体が翔んでもいたので、そんな気象条件だったのでしょうね。
大きい(中型)チョウですから、それだけで天敵にも目立つので、通常草込みや木の枝込みで寝ていると思っていて、このケースは偶々じゃないかと思っています。
No:6693|twoguitar さん
私がこれまで越冬中のキタテハを追い出した場所は、おっしゃるような枯草の間(多分?)とツバキの枝込みでした。
これまでこんな場所にいたら、私の鋭敏な?注意力からして見逃すハズはないと思ってますよ。(^^ゞ
でも↑のとおりいなくなってしまい、本日も探しましたが見つかりませんでした。
明日は、ウラギンシジミとムラサキシジミの越冬場所探しに勤しみたいと思っています。
No:6694|
こんばんわー
キタテハの越冬・・・
よく見付ける事が出来ましたね。
私には、最初の2枚の写真ではわかりませんよ。
三枚目の写真で、初めて、確かにキタテハが
確認できました。
流石に、ヒロさんは天空を飛んでるトンビ並みの
目を持ちあわされてるのですね…ビックリです。
No:6695|kucchan さん
キタキチョウ探しに一つ一つ葉を見て確認しているので、この枯葉は何だろうでしたよ。大抵草込み枝込みにいるハズですからキタテハなのか翅を透かしてもなかなか信じられませんでした。

>ヒロさん
ん?かなり混乱されていますね。^O^
No:6696|ウラギン、ムラシもサッパリ
昨日も仕事、今日はウラナミシジミの世話で
フィールドに出られずフラストレーションが
溜まっています。
さらに今週末も?なので、今年の越冬蝶探し
は何時になることやらです。
No:6697|
そぉいやぁ~、成体越冬組のチョウは指折り数えて・・・・
かなりの種が居るはずなのに、ちゃんと見たことあるのは少しだけです。
今夜から一気に冬モード!
またの小春日和に飛び出したところに出会えたら、
こんどこそきっちり後追いして塒の見当をつけておきたいと思います。
今季はウラギンシジミもみてないなんて、なんてこったと反省しきりです。
m(__)m
No:6698|寒い風
お昼からかなり強い風が吹いて、山の木の葉が
ぱっと散る風景は綺麗でした。
葉っぱ散らしの雨が上がって冬がやってきたようです。
我流天文ですが気象庁予想は暖冬
暖冬だと冬の訪れは早く、大雪になると統計が言います。
これって当たるも八卦の世界です。
No:6699|ヒメオオさん
羽化の観察だけでも大変だったことを思い起こすと、ウラナミシジミの飼育は手探りのことも多くてお察しします。ですが、あんなに美しいチョウの姿を見られると、ご苦労も吹っ飛ぶのじゃないでしょうか。
生き物相手は何でも大変ですが、ご褒美があるのでやめられませんね。

当方もムラサキシジミとウラギンシジミを捜索中のままです。
No:6700|Matsu さん
怪しい場所ですがキタテハで私が見かけた成虫越冬組は5種、長期間観察できたのはうちキタキチョウとウラギンシジミ、越冬成功はキタキチョウだけです。
成虫越冬のリストがあるのですから、誰かがどこかで確認したのでしょうけれど、一体どこで寝ているのでしょうね。

冬翔ぶ方は大抵猛スピードなので、我がフィールドでは追いかけるとこけるか転落がオチになりそう、お任せしますね。^^;
No:6701|自然を尋ねる人さん
12月になっても、お忙しさは相変わらずのようですね。風邪をひかれて、特にレーゾン デートルである喉を痛めないようお気をつけくださいね。^O^

さあ冷え込むぞ、風が吹くぞと言われて、恐れおののいています。まぁ、キタキチョウは無事だろうかですが・・・(^^ゞ
No:6702|
こんにちは。
毎日寒いですねぇ〜
こちら、積雪は多い時でも3cm程だったのですが、とにかく寒いです!
(四国地方の大雪にはビックリでしたが…)
今日は日中になっても氷点下のままで、
深夜から明朝は今季一番の冷え込みになりそうな信州です。

ブログの更新がされなくてちょっと心配してますけど、
寒がり屋さんのuke-enさんですから、お部屋の中から出られないだけでしょうか?
…だったら、いいのですが・・・でも、そのまま越冬しないでくださいね(^-^;

ヒメアカタテハとキタテハは、晩秋まで姿を見せるのですが、
今までに、寝姿も越冬姿も見たことがありません。
いったいどこから湧いて出てくるの? …って、思ってしまいたくなる程に不思議です。
キタテハは枯れ葉に擬態しているようでも、
やはり越冬ともなれば、茂みの奥深くに一戸建を構えるのでしょうか・・・
キタテハ級の蝶は、団地住まいは好まないのかしら?
管理人さんにとっては、越冬団地の方が観察しやすくていいのにね(^_-)-☆
No:6703|今は曇り
昨日の昼間13℃でしたが作業をしていると汗が出てきました。
そんな中12月なのにシマヘビがのっそり顔を出してびっくりでした。
寝姿を見たとはうらやましい限り。でこの蝶♂ ♀どちら、メスの寝姿見たかった!
今日は朝方雨、今は曇りでも少し寒くなって来ています。
No:6704|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:6705|後2日
何だかんだ言っても後2日
12月はご無沙汰ですが来年を期待します。
ご指導感謝します。
良いお年を!

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する