キタキチョウ越冬団地

 
 朝方は1℃を割り込み、今冬一番の冷え込みでした。日中は風もほとんどなく、最高気温は17℃と過ごしやすい一日でした。


 タイトルは、水滴コロコロを命名された「いつも i らしく」のみさとさんの命名第2弾です。ありがとうございました。


 で、越冬団地の様子ですが、ここ数日実質留守状態だったため大きく変化しているのではないかとパトロールです。
 ただ、比較的気温が高かったこと、庭のアジサイのそばを歩いているとキタキチョウが翔び出したことから、遅めの時刻に行いました。
 
 
キタキチョウ×3(秋型 シロチョウ科モンキチョウ亜科 2014/11/16 12:51)
20141116-kitakiA-01.jpg
 裏の崖の窪地の3重連がどうなっているのか、翌日確認しました。
 残念ながら瓦解していましたが、残った個体が他の2個体を力づくで追い出したのか、2個体が狭っ苦しいのはイヤと自発的に出ていったのか興味あるところです。もちろん、この3頭が3重連を構成していた個体かどうかは定かではありません。
 
(16:10)
20141121-kitakiA-02.jpg
 本日確認したところ、2頭になっていました。
 
 
キタキチョウ(16:01)
20141121-kitakiB.jpg
 裏の崖の東方向への続きで、コシダが群生していて、例年越冬個体を見かける場所です。
 これは本日撮影したものですが、11/16に確認しています。
 
 
キタキチョウ×4(16:19)
20141121-kitakiC-01.jpg
 東の崖の崩土から南側(左側)です。
 1頭増えています。
 
 
キタキチョウ×2(16:16)
20141121-kitakiC-02.jpg
 ↑の南側(左側)上部の2個体はそのまま残っています。↑の写真に入っているものと思っていたのですが、確認できません。(^^ゞ


 ほかに崩土北側(右側)で#8と並びの2個体を確認しています。薄暗くなってきたのでザッと確認した程度で、崖上の里道上は確認し忘れました。^^;
 以上、本日のところは計12個体を確認しています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)  シロチョウ科 

Comment

No:6665|
こんばんわー
越冬団地とは・・・最初は「暖地」のミスではと、
思ったのですが、確かに「団地」がベストですね。
今後は、この越冬軍団キタキチョウの所在は、広域では
「越冬団地」で通用しますね。
それにしても、12頭の越冬キタキチョウには驚きます。
と、同時に、探されるuke-enさんにも・・・。
No:6666|
12頭は凄いですね、今年は、多いのですか?
私の方は、現在10頭観察中です。頑張ってもっと探そう・・・。
No:6667|kucchan さん
暖かくなってくると移動も激しくなるので、当分こんな記事が続くことになります。
本日は16頭になりましたよ。個体識別なんてもう諦めています。(^^ゞ
No:6668|tef_teff さん
例年は同日に10頭に届くことがなかったのですが、本日は16頭確認しています。チャの葉裏など崖以外の場所を探せば、もっともっと見つかりそうです。
今季特にこの秋はキタキチョウが例年になく多く、そのためこんな状況になっていると思っています。原因に心当たりはないのですが・・・
No:6669|
こんにちは。
キタキチョウ越冬団地名付け親の、みさとで〜す♪
そのわりには、かなり出遅れてのコメントですが…(^-^;
団地の住蝶も日に日に増えているようで、管理人さんもお忙しくなりますね。
ここ二日程は暖かな日が続いてますが、これから寒さに向かう中での観察ですから、
くれぐれもお風邪など召されませんよう、ご自愛くださいね。

昨夜はご心配いただきまして、ありがとうございました。
大町市でも停電やら断水やらで、怪我人もでたようなのですが・・・
我が家は何ごともなく、無事に一夜を明けました。
それでも、小さな余震もあってかなり寝不足なので、
今日はしっかりとお昼寝します♪
No:6673|みさとさん
小谷村、小川村で震度6-と聞いてもピンときませんでしたが、白馬村と聞いて近くだと、みさとさんのお顔が目に浮かびました。若くてベッピンさんでしたよ。(^^ゞ
こんなバカが言えるのも被害はほとんどなかったと伺ったためで、ホントに何よりでした。

NHKの全国ニュースでは余りとりあげられず、別の番組の撮影クルーが小谷村入っていたハズなのに、どうなっているのだろうと不思議です。これが大都市、なかんずく東京周辺でのことであればもっと大騒ぎするのでしょうね。

あれだけ家屋が倒壊しているのに、死亡者0は驚きです。地域の助け合いで、早めに助け出されたことも大きいのでしょうね。大雨や津波、火災を伴ったりすればそうはいかないでしょうけれど、家を失っても命が救われただけ、不幸中の幸いと思えてなりません。
余震もおさまり、早く平常に復することを願うばかりです。

命名ありがとうございました。それはそれとして、ブロ友割引した命名権料がまだ届きませんが、早めにお願いしますね。(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する