ダブルベッド

 
 朝方は7℃と冷え込み、川霧が上がってきていました。日中は青空で、最高気温は23℃まで上がりました。



 まずは、お披露目です。
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
 玄関先の通路においているミセバヤで吸蜜中です。下は、コマルハナバチ(ミツバチ科)でしょうか。

 何のお披露目かはご理解いただけますね。まだ咲き始めたところです。
 
 
キタキチョウ No.1(秋型 ♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 9:24)
キタキチョウ
 この時刻には、昨日同様センリョウでおねむ中でした。
 越冬中は前脚を使用しないのが通例で、風が強いときや耐えられなくなってきたとき(と思う。)に前脚を使うのですが、この個体は6脚でぶら下がっていることに気づきました。
 触角は格納したままですが、完全な越冬態勢とはいえないのかも知れません。

 案の定、お昼前にはいなくなっていて、気温が高かったのが影響したのかも知れません。
 
 
キタキチョウ #2・#3(10:47)
キタキチョウ
 東の畑の東向きの崖面のワラビの葉裏に2頭いました。交尾しているように見えました。
 
キタキチョウ
 反対側に回ると、珍しく2頭が並んでおねむ中でした。
 過去のキタキチョウの越冬観察でも、同一の植物で2頭が並存している状態は一度しか見かけたことがありません。
 
キタキチョウ
 崖側の個体が私の気配に気づいたのか翔び立ち、すぐ戻ってきたので二度寝するのかなと思っていました。
 
キタキチョウ
キタキチョウ
 何と、絡み始めました。ということは、翔び立ったのが秋型♂、残ったのが秋型♀だったのですね。
 身内に裏切られたような気分ですが、それはそれとして、秋には秋型×秋型の交尾はまず見られないそうですから成立しなかったのが非常に残念です。(^^ゞ


 ほかにもおねむ中を2個体、たたき起こしたのを数個体見かけました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 多肉など  タテハチョウ科  ハチ  シロチョウ科  寝相 

Comment

No:6589|
ミセバヤの花にテングチョウのオレンジと白の部分がステンドグラスのようですね。
ミセバヤの可愛い花はやはりuke-enさんちが我家の花より咲くのが早いですね。
我家はまだ蕾が固いですよ。
短日植物もしくは寒さを感じて花芽をつける植物なんでしょうかね。
キタキチョウは自宅近くで毎日1~2頭姿を見かけるのですが、日中は暖かく固定したねぐらはまだのようです。

23日に八栗山の東側の山道を走ってアサギマダラを探しましたが自生のフジバカマやヒヨドリバナは花が終わり、見かけたのは1頭のみでしたよ。

今日は地元の文化祭で、今年4月に加入した盆栽クラブ員として7時30がらテント設営や販売手伝いで日中は終わってしまいました。
No:6590|
そちらでは、キタキチョウの面白い観察ができていますね。

秋型の♂と♀の絡み合いですか。コセンダングサに秋型キタキチョウが集まっていますが、♂の♀への求愛がよく見られます。しかし交尾成立はまだ見たことがありません。
No:6591|
こんにちは。
庭先のお花にテングチョウが…と、これも驚きですが、
相変わらずuke-enさんちのこの花は、魅せてくれますねぇ〜
さすがは(元)園芸屋さんだっ!!!
ん? uke-enさんちが咲き始めでhitori-shizukaさんちは固い蕾?
地面を這いながら咲いてる我が家のミセバヤは、もう花は終盤(^-^;
(信州の冬は、駆け足でやってくるから…)
やはりミセバヤは、鉢植えで花を垂らして咲かせる方が素敵ですね♪
…と言いながら早数年・・・
本日の記事は、お披露目花に大注目のわたしです(^_^)

キタキチョウにも一応目を向けて、おねむツーショットの姿にほのぼ〜の♪
ところで、そちらのキタキチョウさんたちは、随分寝坊助さんですね。
我が家のキタキチョウたちは、早寝早起き元気な子!
蝶も住人に似ちゃうのかしら〜(^_-)-☆

uke-enさん、恋路を邪魔したり寝てる子を叩き起こしたり…と、
そんなことばかりしてると、キタキチョウさんたちに嫌われちゃいますって!
No:6592|前脚使用
前脚の件、今まで見逃していました。次回からは注意して、観察したいと思います。
No:6593|hitori-shizuka さん
アレ?下で撒き餌しておいたのですが、よろしくお願いしますね。(^^ゞ

ミセバヤは咲きむらがあって、テングチョウはむらにしか止まってくれませんでした。どうも寒いところから咲くようですね。紅葉前線パターンでしょうか。
短日性はそれほど強くはないようで、シャコバサボテンのように開花調節ができるとは聞いたことがありません。

本日は25℃、こう暖かいと我が家のキタキチョウも日中はジッとしておれないようです。一時冷え込みが強かったので、すわ越冬だったのかも知れませんね。
No:6594|twoguitar さん
キタキチョウの越冬観察は私が本家です。ただ、その観察が科学的にはほど遠く、場当たり的なのが難点です。(^^ゞ
本格的な越冬態勢に入ると、事件らしい事件がなくなるので、この時期ああでもないこうでもないとやっています。
キタキチョウに関してすら、tef_teff さんの観察と考察に負うところが大きいですね。

あれ?ここまで書いて、ご本尊のコメがあることに気づきました。^^;
No:6595|みさとさん
ミセバヤは世話らしい世話をしていなかったのに、年々花が大きくなってきたので、昨季久しぶりに植え替えました。台風18号前の強い風で鉢植えの木が倒れかかり茎が何本か折れましたが、それでも十分に咲いています。
地植えの株は一向に大きくなりませんよ。(^^ゞ

我が家の周りは山が迫っていて、特に晩秋以降はお日様が見えるのが遅く、日照時間は短かそうです。おまけに川から霧が昇ってきて、かなり遅い時刻まで晴れないこともしばしばです。
そんあ中でも、朝早くパトロールすると目覚める方もいます。
もっと寒くなると、若しかするとマーキングできないかななどと思うこともありますよ。
No:6596|tef_teff さん
前脚の件は、高柳さんのウラギンシジミ越冬観察のご本からで、キタキチョウはどうかなと思って観察ポイントに加えました。
チョウが異なれば当然相違はありますが、今でも越冬観察のバイブルにしています。
No:6597|
えっ…ミセバヤの花にテングチョウですかー。
いいですね・・・羨ましい。
我が屋のミセバヤは、未だに蕾が固い状態で、
今季に咲いてくれるのか心配ですよ。
No:6599|kucchan さん
最近、珍しく更新の間隔があいてきていますが、腰は大丈夫でしょうか。お気をつけくださいね。

この時期でも花の多いkucchan さんちとは違って、我が家は吸蜜源が少なくなっていますから、テングチョウは例年吸蜜していますね。何か来てくれると、ミセバヤのお披露目もできますから待っていました。(^^ゞ
ミセバヤは寒い地域から咲くようですから、蕾があれば必ず咲きますよ。
No:6609|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する