クロアゲハ産卵

 
 とにかく暑い!の言葉しかありません。2日続きの猛暑日、外に出ると熱風、鉢や花壇の花もグッタリ、チョウ探しの気力もありません。

 それでも、庭に姿を見せてくれるチョウもいます。
 
 
クロアゲハ(産卵 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 16:36)
クロアゲハ 産卵
クロアゲハ 産卵
 夕方とはいえまだ34℃もあったのに、鉢植えのウンシュウミカンに産卵に来ました。
 なかなかジッとはしてくれないのでSS:1/1600で撮影したのですが、日陰の上、お出かけモードのままの18-270mmを着けていたので、明るさが不足だったようです。

 卵を撮影しようと100mmマクロに換装して撮影しかけると、
 
(17:03)
クロアゲハ 産卵
 目の前にフワァーリ、すぐには対応できなかったのですが、SS:1/1000にして少しはましな写真になりました。
 クロアゲハの産卵シーンは、今季初めてだったと記憶しています。
 このウンシュウミカンにはアゲハも産卵していて、どれがアゲハの卵の抜け殻でどれが今回の卵かさっぱり区別がつきませんでした。
 
 
シオヤアブ(交尾 左:♀・右:♂ ムシヒキアブ科 2014/7/20)
シオヤアブ 交尾
シオヤアブ 交尾
 昨日今日ほどは暑くなっていない頃、ブッドレアの花がら摘みをしていると、飛び立ってコクタンに着地しました。
 ♀はコガネムシらしいものを捕食中、色気より食い気でしょうか。(^^ゞ

 このようなシーンは以前にも見かけたことがあり、その際も♀の方が捕食中でした。
 考えるに捕食中の♀は警戒心が薄れ、♂にゲットされやすくなるのではないかと思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アゲハチョウ科  産卵  アブ  交尾  捕食 

Comment

No:6241|クロアゲハの成長楽しみ
庭に「クロアゲハ」が産卵するとは良い環境
ですね!秋型の新成虫これから楽しみです。

我が家の山椒にいたアゲハの余殃中、
昨日早朝片隅で「蛹化」したなと思っていたら、
先ほど見たら羽化して飛び立っていました(涙)。


No:6242|
クロアゲハの産卵とは・・・信じられない光景です。
我が屋では、ツマグロヒョウモンの産卵はありますが、
クロアゲハとなると、せいぜい通過するくらいです。
この記事で、温州ミカンの実がきになりました。
沢山の実がついてるようですが・・・。
家の温州は、今季は全滅ですよ…実が付いてるには
一個のみですよ(多分)・・・涙が出てきます。
No:6243|ヒメオオさん
昨季まで庭にはミカン科がなく、これまでアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどの産卵は庭から目の届く下隣のウンシュウミカンなどで観察していました。ですから、蛹化や羽化は見たことがありません。
今季、家内がウンシュウミカンを購入したので鉢植えにしていたところ、アゲハに続いてクロアゲハの産卵も観察することができました。
ただ、その先は家内の意向次第で、産卵してたと伝えるとイヤな顔をしていました。^^;

>昨日早朝片隅で「蛹化」した・・・先ほど見たら羽化
アゲハの蛹化~羽化期間は10日前後と聞いていますが・・・
No:6244|kucchan さん
下隣にはウンシュウミカンとハッサクの成木、我が家裏にはサンショウ、裏の畑にはイヨカン、デコポン、キンカン、キコクなどの成木があるのに、アゲハに続いてクロアゲハも鉢植えの小さな木をよく見つけるものだと感心します。
いろいろな木に産卵することが、子孫を残すチャンスの拡大につながるのでしょうね。

ウンシュウミカンの実は自然落果を待っているのですが、まだたくさんついています。どうするか思案中です。
No:6245|
綺麗なクロアゲハですね。
今年は黒いアゲハは見かけても「あっ!」という具合で立ち止まってくれずカメラ納まってくれませんでしたよ。
我家では鉢植えの小さな山椒の木とキンカンの木だけでアゲハは見られますがクロアゲハの来訪はまだのようです。

>捕食中の♀は警戒心が薄れ、♂にゲットされやすくなるのではないか・・・
何度か観察していると色んなことが分かりますね。
いい勉強になりましたよ。
No:6246|
こんにちは。
こうして見ると、クロアゲハも美しいですねぇ〜
暑くて、おうちでくつろいでいるところへ来てくれるだけでもありがたいのに、
産卵シーンの撮影などというプレゼントまでいただけるとは!
uke-enさんの『日頃の行い』って、
どれほど素晴らしきことをされてるのですか?

3枚目の写真、きれいですねぇ〜♪
産卵してる葉のすぐ上の葉にも卵らしきものが・・・
これもこの方が産卵されたものでしょうか。
やがてこのウンシュウミカンの葉も、
ほとんど食べ尽くされてしまう運命ですね。
ん? 「その先は家内の意向次第で…」ってことなのですね…(^_^)
No:6247|hitori-shizuka さん
我が家の庭でも、黒いアゲハくんたちは通り過ぎることが多いですね。♀探しに忙しいのでしょうか、吸蜜も短時間ですし、翅をバタバタやりますから、そうでなくても難しい黒い被写体の撮影には苦労しますね。
いかに食草でも、パッと目の届くところにないと、見逃しがちです。

>何度か観察していると色んなことが分かりますね。
推察か憶測かよく分かりませんが、何度も何度も観察しているとそれなりなことは理解できると信じてますよ。(^^ゞ
No:6248|みさとさん
そちらほどではないですが、当地の朝方の気温は昨日が20℃割れ、今日が21℃とヒンヤリで、一息つけています。例年、日中は暑くても朝夕は涼しく感じていたのですが、先の猛暑日~熱帯夜には参りました。
それでも今日などは陽射しが強く、まだまだパトロールの意欲は出ませんね。そういう中ですから、庭を訪れてくれるチョウは大歓迎なのですが、世の中そううまくは回ってくれません。

他人様に迷惑をかけないよう、慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル ホメラレモセズ クニモサレズ なんて仙人みたいな生活ですよ。
家内は苦にしてないだろうな。^^;
No:6250|蛹化見落とし・・・
ご指摘有難うございます。
私は、1~2週間に1回程度、それもいい加減に
観察しております(汗・・・)。
アゲハの幼虫たちがいなくなったと観察・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早朝、蛹発見、
その翌日羽化して抜け殻だけであった。
という経緯でありました。
No:6251|ヒメオオさん
そのようなことは百もご承知のハズなのに、何が起こったのか疑問に思いました。
あげつらっている訳ではありませんが、申し上げやすいのでつい・・・(^^ゞ
No:6252|アブの関係
アブの危険な関係はよく見ますが
餌を食べながらの子孫繁栄行動は初めてです。
バッタ類シジミチョウの仲間草むらには沢山います。
今、「堂々谷の生き物」冊子を作る準備をしています。
今回は広島昆虫化に名前を教えてもらいましたが
まだ100種程度が残っています。
今度は先生にも仲間に入ってもらいたいと思いますが
御都合は!
No:6253|自然を尋ねる人さん
>餌を食べながらの子孫繁栄行動
じゃなくて、餌を食べてるのに捕まって迷惑しているというのが、♀の真意じゃないでしょうか。(^^ゞ
ムシヒキアブの交尾は我が家でもそうそう見かけるものではありませんが、捕食中ではと気をつけると案外見つかりそうな気がしますね。

年中ヒマですが、バッタ?ハァ、トンボ??(?_?)?ですから、もう少しマシな方を探されるのが賢明かと・・・^^;
そちらにコメントを入れておきました。
No:6254|
>とにかく暑い!の言葉しかありません。

御意!

>2日続きの猛暑日、外に出ると熱風、鉢や花壇の花もグッタリ、チョウ探しの気力もありません。

御意!御意!

 
>それでも、庭に姿を見せてくれるチョウもいます。

そこでカメラを持ち出そうとする気力と根性をお持ちのuke-enさんは偉い!!!
第3化のジャコウアゲハ♀が低空飛行してるのを目にしても「暑いしぃ~藪っ蚊イヤだしぃ~まっいっか~」のヘタレには眩しい程の攻めのお姿~☆
あっ晴れ!~蝶屋魂でございます。

ところで、ISOは相変わらずかなり上げっ放しなのですか?
No:6255|Matsu さん
そんなところで御意を連発いただいても、よきに計らえとはなりませんね。
この時期にはこの時期のチョウやいろいろが見かけることができるとは思っても、例年スルーしてしまってますね。

ISOのことはよく分かっていませんが、今は1600固定です。ノイズが見えますか?そんなに気にはならないのですが、やはりAUTOに戻そうかなとも思っています。
No:6259|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:6263|鍵コメさん
別途連絡を差し上げました。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する