仕事せえ、するな

 
 4日連続の真夏日、本日の最高気温は34℃になりました。
 テレビのインタビューで、今頃こんなに暑いと真夏が恐ろしいと答えていた方がいらっしゃいましたが、暑さに身体が慣れていない今だからこそ、私は明日が怖いと感じています。


 今季、庭でもパトロールに出ても、毛虫が異常に多いという印象です。サクラやウメはもちろん、カキにいたっては葉1枚に1匹と言っても大げさではないほどです。
 木から落ちてくる、下草をかき分けると足にくっつく、目の前にぶら下がる、パトロールから帰ってくると帽子から上着、ズボン、靴まで点検しないと屋内に毛虫を持ち込むことになります。
 
 
ニホンヤモリ(ヤモリ科)
ニホンヤモリ
 玄関灯に集まる虫を狙って夜間には軒下などに張り付いているのですが、昼間にも出てくることがあります。
 毛虫を目指して近づいたのでてっきり捕食すると思って応援していたら、やり過ごしてしまいました。日ごろ追い立てもしないのだから、大家の要望も叶えてよね。(^^ゞ
 
 
スズメバチの巣(2014/5/28撮影)
スズメバチの巣
スズメバチの巣
 この日、離れの庇に忽然と現れました。左側は軒で、見える範囲は狭いので見落としていたのかも知れません。
 既に卵が生みつけられています。
 お皿をひっくり返したような巣の形状、巣盤が見える状態なのでヒメスズメバチかと思いましたが、ヒメスズメバチの腹端は黒く、この個体は黄色いので違うようです。
 
スズメバチの巣
 本日の様子、建築が進行しています。
 多分、最終形状は上下がほぼ対称形になると思われ、コガタスズメバチの巣のようです。

 庭の通路から3~4mほど、通行や庭木の水遣りなどに幾分か支障があり、駆除業者に頼むか思案中です。
 
 
ナガメ(カメムシ科 2014/5/30撮影)
ナガメ 交尾
 ダイコンの防虫ネット上で2組が交尾中です。
 毛虫に数で負けるなとでも思っているのでしょうか。このヒトたちにもがんばってほしくないものです。(^^ゞ
 隣の2匹はいずれもナガメの若、成虫はイヤというほど見かけるのですが、今まで見た記憶がありません。
 
 
セグロアシナガバチ(スズメバチ科 2014/5/27撮影)
セグロアシナガバチ 捕食
 ダイミョウセセリとアカタテハのバトルに相前後して、ジャノメ・ポイントのシキビ(シキミ)で見かけました。
 セグロアシナガバチが葉込みに入ったかと思うと、アッという間に捕まえました。もがいているのを噛み付いて、この写真は最終段階です。脚の先をシキビの葉に引っ掛けて器用なものです。

 あのぅ、捕まえてほしいのは、毛虫のほうですけど・・・(^^ゞ
 
 
カマキリ(2014/5/27撮影)
カマキリ
 初カマです。身体の外縁は透きとおったようになっていて、孵化したてでしょうか。
 オオカマキリの幼生ではないかと思いますが、何の根拠もありません。^^;
 
 
シオヤアブ(♂ ムシヒキアブ科 2014/5/30撮影)
シオヤアブ
 初ムシヒキです。庭の通路にとまっていました。
 腹端のぼんぼりの白さが際立ち、羽化したてなのか何かを狙っているような様子ではありませんでした。


 ご両所様、毛虫を捕まえていただけないでしょうか。捕り放題ですよ。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: は虫類  ハチ  カメムシ  交尾  幼虫  捕食  カマキリ  アブ 

Comment

No:6000|虫
私の家の近くは虫が少ないです。
いつもなら椿、柿の木は虫の住みか見たいに多いのですが
今年は我が家が無視されたかのように少ないです。
もう少ししたらアメリカシロヒトリとかイラガが発生するかもわかりません。
イワシ雲が出て、羊雲に変わり、ドンドン雲が厚くなってきました。
雨が近そうです。
そうなると猛暑はいったんお休みです。
No:6001|
ニホンヤモリ・・・
我が屋近辺でもヤモリは結構みかけます。
以前は、住居の壁で見かけてましたが、
最近は、我が家のブロック塀・壁・・・
更には、鉢などで、ちょこちょこ見かけます。
どうも、増えてる感じですよ。
で、スズメバチの巣・・・うわー怖い・・・
とにかく、即、取り除き処置ですね。
後の祭りにならないように・・・。
No:6003|自然を尋ねる人さん
先だってそちらでは虫が少ないとうかがって、そんなに地域で差があるものかと驚きました。当地では、ヒゲ虫が多いというのが時候のあいさつになってますよ。
昨日あたりから、青黒い色の大きな毛虫も新規参入のようで、家内は悪戦苦闘しています。

今のところ29℃、四国は梅雨入りだそうですから、そちらも今日明日のことでしょうね。
No:6004|kucchan さん
確かに、以前は雨の日以外、ヤモリをほとんど見かけなかったような気がしますね。脱皮を見かけたことから、夜の玄関灯付近には必ず、それも時おり複数で見かけるようになりました。
増えてるとすると、その要因は何でしょうね。天敵は、鳥、ヘビ、ネズミなどでしょうが、ネズミ以外は減少しているような印象はないですね。

スズメバチの巣が玄関先であれば一も二もなく処理するのですが、巨頭会談(私と家内)で当面放置ということで一致しました。
直径10cm程度の小さなものですから、個体数がそんなに多くはならないのではないかと考えて(希望的観測)います。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する