水鏡?(新生蝶(2014-No.24))

 
 昨日は四捨五入して30℃でしたが、本日は押しも押されもしない?真夏日、午前中はパトロールに出ましたが、戻ってきて立ち眩みしそうになりました。
 午後はおとなしくし日陰で作業していましたが、それでも・・・
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン ♂
 座敷のサッシ戸にとまっています。掃除が行き届いていないのがまるバレですね。手前はカメムシだったと思います。

 メスグロヒョウモンは、2013/6/4、2012/6/6、2011/6/14がそれぞれお初ですので、少し早めとはいってもそれ相応の時期でしょうね。
 
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
 上は斜め前から、下はほぼ真下から撮影しています。ガラス面にほぼ水平にとまって、よく落ちないものだと感心します。
 ほこりだらけなのに、口吻を伸ばしてガラスをなめています。ミネラル補給かもしれませんが、身体によくてもなめる気はしませんね。^O^

 水鏡ならぬガラス鏡ですが、撮影時には気が回らず、分かっていれば構図をもっと考えたのにと残念がっています。
 
メスグロヒョウモン ♂
 家の前を離れず、果ては10年物のフラワースタンドまでなめています。ヒョウモンチョウに来てもらうには、こまめな掃除は禁物のようです。(^^ゞ



 新生蝶といえば、
 
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
テングチョウ
 上はやっと咲き始めた鉢植えのガウラにとまり、下は花壇のアルメリアで吸蜜中です。3頭ほど見かけたのですが、多分別個体だと思います。

 どこが新生蝶だですって、私も分かりません。傷みが少ない、頭部や腹部の毛が生え揃っている程度でしょうか。
 
(夏型 ♂ 2014/5/27撮影)
テングチョウ ♂
 これなら納得いただけるでしょうね。
 一時見かけることがなくなっていたテングチョウをこの数日前から庭で見かけるようになっていたのですが、翅表を見たこの時、一化の時期だと思い至りました。
 
(産卵 13:43)
テングチョウ 産卵
 尻隠して頭隠さずですが、このムクノキに何度も帰ってきていました。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 ムシトリナデシコで吸蜜中です。
 これなら新生蝶でいいですよね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  タテハチョウ科  産卵 

Comment

No:5990|おはようございます
ウラギンヒョウモン、メスグロヒョウモンがもう現れたんですね。
しかもメスグロは自宅訪問して硝子窓に止まってくれるとは。
uke-enさん宅付近は良好な観察ポイントですね。
テングチョウ、アカタテハは新生蝶ですね。
No:5991|
当地は今日が葯30℃と、大変暑い一日になりました。
で、メスグロヒョウモンや、テングチョウ、更には
アカタテハが同時に登場とは・・・しかも、新生蝶が・・・。
特に、見た事のない「テングチョウ」は、翅表・裏ともに
クッキリ撮影されており、私には非常に参考になります。
が、当地で出現してくれないのが残念です。

No:5992|30度
暑いのはお互い様のようです。
今はダウンして昼寝起きの時間帯です。
テングチョウが沢山飛びだしました。
ホシミスジも少し見るだけで10ぴきはいます。
カッコウが夜でも鳴いています。
No:5993|ヒョウモンチョウの楽園
こちら埼玉県南部の低地ではヒョウモンチョウの
仲間というと
ツマグロヒョウモン>>>ミドリヒョウモンの2
種が中心で他種はまずお目にかかれません。
貴兄のご自宅はまさにヒョウモンチョウの楽園で
すね!
No:5994|twoguitar さん
メスグロとまだ見ていないオオウラギンスジはヒョウモンの中では比較的多いのですが、コクタンやブッドレアが開花する6月になってから現れるのが通例です。まだどちらも咲いていませんから、仕方なくガラスをなめていたのでしょうか。
食草や吸蜜源の関係はあるでしょうが、こういうものは普通に見られると思ってました。(^^ゞ
No:5995|kucchan さん
我が家でテングチョウは比較的珍しい部類だったのですが、昨季くらいから珍しさなど全然という状態になりました。しかも、越冬個体も新生個体も複数で見かけるようになりましたよ。
少ないときは、花以外大抵地面などにとまっていましたが、最近は吸蜜シーンが当たり前になっています。

kucchan さんちを訪れないのが不思議です。
No:5996|自然を尋ねる人さん
3日続きの真夏日、本日は出かけていましたが出先も同様に暑く、ぐったりしています。事務局長さんも、もっともっとグータラされてはいかがでしょう。
年々気温の急激な変化に身体がついていけないようになってきたと痛感しています。

>カッコウが夜でも鳴いています。
そうですか。天狗になるなと出てきたテングチョウに続いて、格好つけるなと鳴いているのでしょうか。(^-^)v
No:5997|ヒメオオさん
>埼玉県南部の低地では・・・ツマグロヒョウモン>>>
>ミドリヒョウモンの2種が中心で他種はまずお目にかか
>れません。
エッ、そんなものですか。
ある程度の高さがないと見られないクモガタヒョウモンならともかくも、こういうものは割りと見慣れているものと思っていました。
少し胸をそらしますね。(^^ゞ
No:5998|
この土、日曜日は野暮用ばかりでようやく落ち着きました。
こちらもここ2日、30度を超える熱い日中だったのでたとえ用がなくても何もしていないでしょうが。
ツマグロヒョウモンの雄に出会えば判る表裏翅模様を参考にさせてもらいますよ。
テングチョウの開翅も標本に出来るようなスレのない綺麗な翅ですね。
ムシトリナデシコで吸蜜中のアカタテハもバッチリです。
No:5999|hitori-shizuka さん
何を言っても暑いという言葉しか出てきませんね。冷夏との長期予報だったかすかな記憶もあるのですが、ここまで外れると文句を言う気にもなれません。
水分を補給し、暑さ除けをしても、朝夕涼しい時間帯にならないと生き返りません。(^^ゞ

これはメスグロですが、ツマグロも同様♀の特徴だけを取り上げた名前になってますね。♂が無視されるのは、虫の世界も人間界も一緒なんでしょうか。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する