4月のアオスジアゲハ(新生蝶(2016-No.16))

 
 朝方は4℃、霜が降りたようには見えなかったですが、とにかく寒かったです。
 陽射しがあってすぐ気温が上がりましたが、最高気温はやっと20℃を超えた程度、午後には強い西風が吹き始めました。



 裏や東の畑を中心にパトロールしても、モンシロチョウ、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメが翔び回るばかりで、これといったものは見当たりません。

 戻ってくると家内が手招きします。
 
 
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 庭のネギ坊主で吸蜜中です。
 忙しく翅を開閉し、ちょこまかと動き回るので、どの写真ももう一つです。

 4/22に家内が見かけたということだったのでその後ずっと探していたのですが、家内は信用されていないと思ってたようで、ホラ!とは言わないまでもドヤ顔めいていました。^O^

 我が家ではアオスジアゲハは比較希少種で、見かけずじまいの2012年をのぞき、2015/5/4、2014/5/7、2013/5/8、2011/5/14がそれぞれお初です。
 押し詰まってとはいうものの4月に見かけたのは今季が初めてで、下の表にまた項目を増やさなければならなくなりました。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20162015201420132012
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/8 1 3/20 3/16 3/16 3/27
ベニシジミ 3/17 2 4/15 3/25 3/16 4/8
ルリシジミ 3/21 3 3/20 3/28 3/17 3/31
ヤマトシジミ 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10 4/15
コツバメ 4/5 5 3/22 4/3 3/19 4/13
モンキチョウ 4/6 6 4/24 3/28 3/25 4/14
アゲハ 4/9 7 4/16 3/29 3/30 4/17
ツバメシジミ 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1 4/17
ツマキチョウ 4/9 7 4/17 4/10 4/2 4/27 11
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11
トラフシジミ 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15
キアゲハ 4/20 12 5/6 17 5/6 15 6/9 17 9/22 17
スジグロシロチョ
 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12
ツマグロヒョウモ
 4/20 12 5/4 14 5/11 18 5/13 15 4/29 13
クロアゲハ 4/26 15 5/5 16 5/6 15 5/13 15 5/7 16
アオスジアゲハ 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13  
コチャバネセセリ   4/26 12 4/27 13 6/27 18 5/5 14
ミヤマセセリ     3/31 5/8 13 5/5 14
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見
 日順で5箇年分を整理しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日
 順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示しているこ
 とがあります。
 
 
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♀
 車庫前を翔び回り、とまろうともしないし、近づかせてももらえません。
 ツマグロヒョウモンの♀は今季お初です。
 
 
アゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ ♀
 鉢植えのシークワァサーにアゲハの仲間が卵を産みつけないよう家内が防虫網を設置しているのですが、どこかにすき間があったようで潜り込まれました。
 気づいたときは産卵もそこそこに出られないと分かったのかじたばた、網目から無理矢理出ようともがいていました。

 私にとっては蛹化や羽化が観察できる益虫ですが、世間並みに害虫との認識の家内は、困ったものだという顔をしてそっと逃がしてやっていました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  野菜  ヒョウモン 

アゲハ・モンシロチョウの産卵

 
 ↓で4月の残り3日に期待したのですが、昨日は半日どんより午後に雨、本日は一日やみ間のない雨、風も強く、最高気温は17℃と寒々しい一日でした。
 
 
アゲハ(産卵 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/4/26 11:22)
アゲハ 産卵
 下隣のウンシュウミカンで産卵しています。この木は玄関先から見えるので、アゲハの仲間が周りを翔んでいればすぐ分かります。
 今回は、近くで産卵してくれませんでした。
 
 
モンシロチョウ(産卵 シロチョウ科シロチョウ亜科 2014/4/27 10:28)
モンシロチョウ 産卵
 薹の立ち過ぎたブロッコリーで産卵しています。
 野菜を栽培されている方には、珍しくもないが見たくもないという風景でしょうね。我が家の野菜担当の家内も嫌がりますので、産卵していたとは伝えません。
 どうしても嫌なものは防虫網をかけていますが、かけ方が悪いのか、時おりモンシロチョウがもがいていることがあります。

 短時間で産卵しすぐ別の場所に移るので、撮影が追いつかず結構難しいものです。



 で、気にかかっているものです。
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科 2014/4/26)
ベニシジミ
 クリサンセマム・ノースポールで吸蜜中ですが、この写真に違和感を感じませんか?

 「何や、ただのスレたベニシジミやないか。」とおっしゃる方は、注意力不足です。
 左前後翅は普通にオレンジ色ですが、右前後翅だけスレたようになっています。残念ながら裏翅は確認できていませんが、翔んでいてとまったときはウラギンシジミの♀かと錯覚しました。

 異常型と言うほどでもなさそうですが、右半分だけスレるというシチュエーションを想像できません。
 
 
???クロハネシロヒゲナガ♂ ヒゲナガガ科 2014/4/27)
???
 体長は翅を含んで6~7mm程度、長い長い触角を持っていても翔んでいました。小さくて、とまると葉裏に回りこむので、この写真が一番まともです。

 第一感はカメムシでしたが、カメムシ亜目やヨコバイ亜目、ガまで鳥瞰しても、それらしい姿は見当たりませんでした。目(もく)すら分からないようでは、探し当てるのも難かしいですね。

 他所で教えていただきました。どなたかは存じませんが(あの方かなぁ状態)ありがとうございました。(2014/5/1追記)
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  産卵  シロチョウ科  野菜  シジミチョウ科   

新生蝶(2014-No.12~14)

 
 5日続きのいいお天気、庭はカラカラ、そろそろ一雨なんて勝手なことを思っています。


 昨日の朝まで留守にしていてどんなチョウが出ていたのかと気がかりで、旅行疲れと節々の痛みにもかかわらず、昨日今日と勇んでパトロールに出ました。(^^ゞ
 
 
ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2014/4/26)
ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
 3枚とも別個体です。
 昨日今日、あちこちでのべ2桁ほど見かけていますので、羽化し始めたのは昨日一昨日のことでなさそうです。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♂
コチャバネセセリ ♂
コチャバネセセリ ♂
 裏の畑の尾根、アゲハの仲間の蝶道付近で1頭だけ見かけました。
 ワラビの葉上に昇ってからは、かなり長い間じっとしていたので、本日羽化したのかも知れません。
 コチャバネセセリを4月中に見たのは初めてで、昨季は特殊要因があって6月になっていますが、通常GW以降が出現時期だと思っていました。
 
 
スジグロシロチョウ(♀ シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ ♀
スジグロシロチョウ ♀
スジグロシロチョウ ♀
 昨日も白いチョウをいろいろ追いかけたのですが、ほとんどがモンシロチョウ時にツマキチョウで、スジグロシロチョウはさっぱり見かけませんでした。
 今季は、例年よりツマキチョウが目につくような気がします。

 本日、庭のはずれのスナップエンドウの周囲を翔び回っていた白いチョウに黒い筋が見えたような気がしたので、また希望的観測かと自らを疑いながらの撮影です。
 挙動は産卵のように見えたのですが、スジグロシロチョウの食草はアブラナ科、ほとんどとまりもしませんでした。(^^ゞ
 左前翅に欠けが見え、本日羽化した個体ではなさそうです。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/29 5  3/30 6  4/17 9  4/10 7
ミヤマセセリ  3/31 6  5/8 13  5/5 14  5/7 13
コツバメ  4/3 7  3/19 4  4/13 5
ヤマトシジミ  4/9 8  4/10 9  4/15 7  4/7 6
ツマキチョウ  4/10 9  4/2 8  4/27 11  5/2 12
ツバメシジミ  4/12 10  4/1 7  4/17 9  4/5 4
トラフシジミ  4/14 11  4/16 12  4/15 7  4/21 11
ヒメウラナミジャノメ  4/26 12  4/15 10  4/27 11  4/18 10
コチャバネセセリ  4/27 13  6/27 16  5/5 14  5/8 14
スジグロシロチョウ  4/27 13  4/15 10  4/12 4  4/5 4
ツマグロヒョウモン     5/13 14  4/29 13  5/9 15
クロアゲハ     5/13 14  5/7 16  4/16 9
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。
  ただし、5月が初見の場合に限っては、この16種内での相対的順位を表示しています。


 4月に見たこともないものを見て、16番まで枠を増やしました。
 4月もあと3日、さて何が出てきてくれるのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ジャノメチョウ亜科  セセリチョウ科  シロチョウ科  野菜 

お帰りなさい?

 
 ほぼ一日晴れていましたが、風が強く、チョウも翔びにくそうでした。
 
 
キアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ ♀
キアゲハ ♀
 ペンタスで吸蜜中です。
 ピカピカだったので、出奔した#1が羽化して帰ってきたのかも知れないと懐かしさにひたっていました。後から考えると、いなくなったのは6/27のことですのでちょっと早過ぎます。(^^ゞ
 
(産卵)
キアゲハ 産卵
 あぁ、そのためだったのね。
 そのパセリはやめてよ。すでに幼虫(右下)がいるでしょ。実も葉もほとんどなくなってると、家内の堪忍袋の緒が切れそうなんだから・・・^^;

 何度も産卵して満足したのか、
 
キアゲハ 産卵
キアゲハ 産卵
翔んでいって、
 
キアゲハ 産卵
 パセリとは離れたフェンネルで・・・そこならどうぞどうぞ。
 
キアゲハ 産卵
 と思ってたら、今度はニンジンに。^^;

 幼虫の見守り活動を更に続ける気力は残っていませんが、パセリやニンジンで幼虫を見かけたらフェンネルに移してもらうよう、家内には伝えるつもりです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  草花  産卵  野菜 

端境期?

 
 庭を訪れるチョウがメッキリ減って、黒いアゲハが相変わらず横切るほかはモンシロチョウばかりです。


 モンシロチョウの産卵シーンを撮影した記憶があいまいだったので、
 
モンシロチョウ(産卵 ♀ シロチョウ科)
モンシロチョウ
 産卵してはすぐ翔び立つを繰り返し、期せずして飛翔写真になりました。(^^ゞ
モンシロチョウ 産卵
 ミズナに産卵しているのをやっと撮影しましたが、向きがよくありません。
モンシロチョウ 産卵
 チンゲンサイで、また逃げられました。
 図示したものが卵でしょうか。


 で、久しぶりに裏の畑を一周してきました。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
 今季お初です。暗いところで、溝越しなのでかなり離れています。
(↑のトリミング)
ヒメジャノメ ♂
 後翅裏の性標が見えるので♂ですね。
 
 
ヒカゲチョウクロヒカゲ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)?
ヒカゲチョウ
 ヒメジャノメと同じ場所です。我が家周辺では今季お初です。
(↑のトリミング)
ヒカゲチョウ
 撮影時にはヒカゲチョウと思っていたのですが、余り黒くないクロヒカゲのようです

 これ以降、ヒカゲチョウとクロヒカゲを見てきた積み重ねで、これはヒカゲチョウの誤りと気づきました。第一感は大切にしなくてはいけないと反省しています。(^^ゞ(2012/7/1追記)
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン ♂
 今季お初です。エライ遠いです。
 アザミで吸蜜中です。
(↑のトリミング)
メスグロヒョウモン ♂
 最後に真横を向いてから翔び立ったので、メスグロヒョウモンの確証を得ました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シロチョウ科  野菜  産卵    ジャノメチョウ亜科  ヒョウモン 

前車の轍

 朝は-2℃で霜、昼には20℃にとどこうかという、暑いくらいの一日でした。

 昨日のヤマト浮上事件のリベンジで、ベニシジミがジャマになるほど翔び回る中、ルリシジミを探しました。
 いたいた、青いのが翔んでいます。
 
ツバメシジミ(♂ シジミチョウ科 トリミング)
ツバメシジミ
 追い回してもなかなか追いつけず、やっととまってくれたのでパチリ、半開翅ですが、青い色が確認できました。
 ん、尾状突起、ナヌ!ん、黒点、ナヌ!、ヤマト浮上事件があったので、ルリシジミとは違うようだと気づきました。
ツバメシジミ
 裏翅のオレンジ色を見てツバメシジミだろうと思いましたが、念のため確認しました。(^^ゞ
 今季、初お目見えです。
 
スジグロシロチョウ(シロチョウ科 トリミング)
スジグロシロチョウ
 なんやモンシロチョウか、でしたが、何か雰囲気が異なります。
 追いかけると、ルッコラにとまりました。
 これも今季初お目見えです。成蝶越冬していたのでしょうか、右前翅が大きく欠けています。
 ところで、右上にアリの影(だと思う。この前に横顔があった。)、バンザイしてますね。

 この後、白いチョウを見る度、追いかけることになりました。モンシロチョウも、ジャマなほどいるのです。^^;

タグ: シジミチョウ科  シロチョウ科  野菜 

現行犯


 朝は-1℃、最高でも5℃になりません。
 午後には雨、夜になって雪になりました。

 雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう ♪(遅い!)

 ヒヨドリが家の前の畑の支柱にとまっています。
 ここは元は花壇でしたが、裏の畑がイノシシ、シカ、鳥などに荒らされるので、蔬菜畑になってしまいました。
ヒヨドリ(ヒヨドリ科)
ヒヨドリ
 右向いて、左向いて・・・誰もいないな。
 ソレッ!
ヒヨドリ
 どうなってるかお分かりでしょうか。
 しんどいポーズだと思いますが、チンゲンサイがかなりやられています。
 後の花は、カワラナデシコです。
 
キセキレイ(セキレイ科 12月29日撮影)
キセキレイ
 昨日の上野運動公園のお隣の瓦屋根にとまっていました。
 ハクセキレイ、セグロセキレイは頻繁に見かけますが、このヒトは滅多に見かけません。
 集団も見かけませんが、繁殖力が違うのでしょうか。

タグ: 野鳥  野菜 

蝶ノート(その7)

 朝方は12℃でも、冷たい雨が絶え間なく降って、寒々しい一日でした。
 ニュースで、都心は9℃と言ってましたが、当地より寒いことに逆に驚きました。

 アサギマダラくん騒動?で、チョウ関係の積み残しは山積しています。

スジグロシロチョウ?(シロチョウ科 10/15撮影)
スジグロシロチョウ
 コカブ周辺で翔んでいますが、飛翔写真だからということだけで載せたわけではありません。(そうでないとは言い切れませんが・・・(^^ゞ)
 スジグロシロチョウの♀ではないかと思っているのですが、名前に?が付いているのは、モンシロチョウかも知れないと思うからです。表翅の写真がありませんので尚更です。
 かと言って、どちらのチョウもポピュラー過ぎて、他のブログでもほとんど見かけませんし、聞きにくいということもあります。

 ところが、最近、「北信に舞う蝶たち」さんちで、なじみ深いチョウについて、解説付きの記事を掲載されています。知識も経験も浅い私にとっては、とてもありがたいことと思っています。
 10/27付けの記事では、シロチョウ科(上記2種とヤマトスジグロシロチョウ)の判別方法が掲載されています。ただ、その記事を読ませていただいても、モンシロチョウかも知れないという可能性は排除できません。確信が持てないということですが、経験が解決することかもしれません。

 「北信に舞う蝶たち」のHAさんのコメントでは、やはり同定(判別)はかなり難しいようですので、ピントは大甘ですが、スジグロシロチョウ(と思っている)の写真を2枚追加します。
 また、10/9の記事で同種と思われるものを、スジグロシロチョウで載せています。こちらは何とか表翅が見えています。(10/29追記)
スジグロシロチョウ?
スジグロシロチョウ?
 
アゲハ(♂? アゲハチョウ科 10/15撮影)
アゲハ
アゲハ
 スモモの周りを翔んでいます。(^^ゞ黄色っぽいので、♂だと思います。
 アサギマダラくん来訪初日で、アサギマダラの飛翔写真もこれくらいの大きさで撮影したかったですね。

 アゲハのほうがあわただしく翔ぶのですが、直線的に翔ぶこともあって、案外性に合っているようです。
 一方、アサギマダラはユラユラ翔びますが、高低差や思いがけない方向に翔ぶことがあり、スピードも思ったより速く、チャンスは結構多かったのですが、とうとうモノにできませんでした。
 「撮れたらもうけもの」と、「何としてもモノにしたい」との差かもしれませんね。
オオスズメバチ(10/27撮影)
オオスズメバチ
 セイタカアワダチソウ付近を翔んでいます。(^^ゞ
 このヒトは、狭い範囲でゆっくり飛ぶことがありますので、飛翔写真向きです。^O^
 でも、刺されたらタダでは済みません。この時は、営巣場所でも探していたのか、何かに集中しているように見えましたので、もっと近付けたかもしれませんが、遠慮しておきました。^^;

 明日は曇りのち晴れの予報、アサギマダラくんがいないことを最終確認する予定です。

タグ: シロチョウ科  野菜  アゲハチョウ科  ハチ 

とりあえず一段落


 今朝は20℃、11時頃から雨になりました。

 写真はすべて、昨日(10/2)撮影したものです。

ハエマンサス・コッキネウス
haemansasu07.jpg
 これで満開です。
 葉が伸びてくるまで、この花の記事とはお別れです。
kikyou02.jpgキキョウ(ピンクダブル)

 二重咲きを試しに購入しました。9/25、5号鉢に植え付け、花が咲き始めた状態です。
 やはり、この花も一重が似合う花ですね。(個人の感想です。(^^ゞ)
rukousou01.jpgルコウソウ

 昨年、こぼれ種のアサガオと思い育てていましたが、アサガオを駆逐しかねない勢いでした。
 今年は葉で区別して、幼苗のうちにすべて処分しましたが、処分した場所でつるが根付いたようで咲き始めました。
hanaokura01.jpgハナオクラ

 昨年、家内が育てていて、今年こぼれ種で咲きました。
 花を食べるのですが、オクラ同様ネバネバ感があるそうです。おいしくないと言ってます。
 私?変わったものは食べません。(^^ゞ

タグ: 草花  野菜 

ハンター

 夜半から朝方にかけ雷と強い雨、時折雨の降るどんよりした一日でした。

 昨日の写真です。

カキ
kaki01.jpg
 2個ばかり実が残っていたはずですが、無残な姿になりました。
 かなり力の強いヒトの仕業で、カラスやアライグマではこうなりませんので、やはりイノシシくんでしょうか。
 生きていくために実を食べるのは仕方ないけど、こんなことをすると、来年は実がならないよ!
カマキリ
kamakiri01.jpg
 固まったまま、何かを狙っています。
 キミが取り損ねたのは見たことがあるけど、ホントは葉っぱを食べてるのじゃないの?
kumo03.jpgクモ

 気づかないで網を壊しました。ゴメンナサイ。
ゴーヤアナコンダ ^O^

 キミは何を狙ってるの?

タグ: 果樹  カマキリ  クモ  野菜