キタキチョウ越冬団地

  
 
 どんよりした朝方は2℃、一日陽射しがなく、午後3時前からポツポツと降ったりやんだりで、最高気温は9℃でした。




 ウラギンシジミ2個体、キタキチョウ5個体(実は6個体)の安否確認のため一応パトに出ました。
 どちらも特段の変化がなかったので、キタキチョウの例年の越冬場所になっている裏の崖を探してみました。
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 15:47)
キタキチョウ
 我が家裏の南面した崖は6~7mの高さがあり、うち高さ1.8m~2.2mは草竹ブロックの擁壁となっています。
 擁壁の天面を東から西に歩き、コシダの群生している場所の西の端辺りで、並んでぶら下がっている2頭を見つけました。
 
キタキチョウ(08・09・10)
キタキチョウ
 東側からは3個体でした。
 前の2個体は同じ軸にぶら下がっていますが、奥は同じ株の別の軸のようです。
 薄暗い日ですから写真でもよく分かりませんが、中央は♀ですから3個体とも♀ではないかと思われます。
 
キタキチョウ
 正面(南側)からだとこうなっています。
 
 
キタキチョウ 07(夏秋中間型 ♀)
キタキチョウ
キタキチョウ
 東の畑の東側の法面のヒヨドリバナにぶら下がっています。
 11/13に見つけましたが、顔も見えないし、5個体を観察中だったので、撮影しても記事としてはスルーしていました。(^^ゞ


   2017-2018キタキチョウ越冬状況
月日01020304050607080910備 考
11/9-11/11       3 
11/12      4注:04=02と思われるが
 確認できず。
11/13-11/19    6 
11/20 9 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  シロチョウ科 

雨の余波

 
 
 雨の朝は6℃、ほとんどやみ間がなく最高気温は9℃でした。最高気温が10℃を割ったのは、この秋お初です。




 何か引っかかりを覚えて、しとしと雨の中の越冬状況を確認するため、午後の一時的なやみ間にパトに出ました。

 キタキチョウは5個体全員お健やかだったのですが、ウラギンシジミで一番安定していると思っていた越冬01がいなくなっていました。
 越冬場所や周囲の葉がびっしり濡れていて、落下していないか、近辺に移動していないかと探しましたが見つかりませんでした。
 
 
ウラギンシジミ(越冬02 ♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 周囲の葉はそれほど濡れていないようで、特段の変化はありません。
 
 
ウラギンシジミ(越冬03)
ウラギンシジミ
 昨日03を再発見した際は50cmほど下方と記載しましたが、以前の白○の場所の高さとはほとんど変わっていませんでした。


  2017-2018ウラギンシジミ越冬状況
月日010203備 考
11/9   
11/10-11/11  
11/12-11/13 
11/14-11/16  03移動先不明
11/17 03再発見
11/18  雨。01移動先不明
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ウラギンシジミ 

3人目の浮気

 
 朝方は1℃とこの秋の冷え込み記録を更新しました。
 朝二番くらいに川霧が上ってきてまもなく消え、お昼過ぎまで秋晴れでしたが徐々に雲が広がり、最高気温は14℃でした。
 
 
 
トビ
 こんな空でした。
 見上げるとトビがたくさん飛んでいて、フレーム内だけでも50羽以上ですが100羽近くいたでしょうか。こんな大集団を見たのは初めてです。
 
 
ウスタビガ繭
 またまた、こんな空でした。(^^ゞ
 昨日ウスタビガを載せたので、昨季の繭はどうなっているかと探してみると、色褪せてはいますがちゃんと残っていました。
 毎日のように横を通っているのに、いい加減なものです。^^;




 さて、昨日のパトサボのバチがあたるのかどうか、恐る恐るパトに出ました。
 
 
キタキチョウ #3(夏秋中間型? ♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 10:21)
キタキチョウ
 小さな木にぶら下がっていた#3が西(写真では左)方向へ1.5mほど移動して、崖が少し窪んだ場所の草にしがみついています。
 斑紋などを見比べると別個体とする要因が見られませんし、場所が場所ですから同一個体と思われます。
 まだこの場所の方が越冬場所としてはより安定していると思われますが、再度移動するような気がします。

 #1、#4、#5、#6のキタキチョウ4個体には特段の変化がありません。
 
 
ウラギンシジミ[越冬03 ~11/17](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 10:41)
ウラギンシジミ
 以前ウラギンシジミ越冬03がいた同じ木の、少し西側(写真左側)の気持ち下方0.5mほどで見かけました。
 後翅外縁の中央付近に同じような破れがあり、場所からしても越冬03と思われます。

 以前いた場所との対比がよく分からず、矯めつ眇めつでやっと判明しました。(^^ゞ(2017/11/19訂正)
 
ウラギンシジミ
 地上高3mほどのこんな場所ですが、以前いた場所との対比がよく分かりません

 越冬中の01、02のウラギンシジミには特段の変化はありません。
 
 
ムラサキツバメ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントの続きの薮の中のカシ類の葉上で開翅していました。
 
ムラサキツバメ
 横たわって芽をなめているようで、かなり長い時間ジッとしていました。
 
ムラサキツバメ
 近づこうとすると翔ばれ、チャノキの葉上で開翅してくれました。

 本日のムラサキ兄弟は、この1個体だけでした。
 
 
ムラサキシジミ #1(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/11/15)
ムラサキシジミ
 これは一昨日、寒々しい日でしたがムラサキシジミが姿を見せ、開翅してくれました。
 
ムラサキシジミ #2(2017/11/15)
ムラサキシジミ
 こちらはこのままジッとしていて、瞬間的に開翅するとすぐ翔び立ちました。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
チャバネセセリ
 裏の畑の東隣との境界付近の薮のチャノキの花で吸蜜中です。
 立冬以来、黒三角のセセリチョウですらめっきり見かけなくなりました。
 
 
モンキチョウ(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科 2017/11/15)
モンキチョウ
 これも一昨日、裏の畑で横倒しになっていました。
 かなりお疲れかと指を差し出すと、サッと逃げられてしまいました。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 野鳥      蝶(越冬)  シロチョウ科  ウラギンシジミ  ムラサキツバメ  ムラサキシジミ  セセリチョウ科 

自然現象?

 
 雨の朝、最低気温は8℃、しとしと雨が小やみなく降り続き、最高気温は12℃でした。




 昨日の積み残しです。
 
 
ウラギンシジミ[越冬01 ~11/9]
(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 15:13 2017/11/13)
ウラギンシジミ
 昨日は20℃になりましたが、特に変化はありません。
 
 
ウラギンシジミ[越冬02 ~11/10](♀ 15:23 2017/11/13)
ウラギンシジミ
 こちらも同様ですが・・・
 
(11:08 2017/11/13)
ウラギンシジミ
 
(12:47 2017/11/13)
ウラギンシジミ
 お昼前には右前翅裏に傷一つ見えなかったのですが、お昼過ぎには2箇所に目立つ欠けが見られます。
 しかも、アングルが異なるので確かではありませんが、少し前(南側)に移動したように見えます。

 同じ場所に穴があいているので同じ葉のようですが、この1時間半余りのあいだに一体何があったのでしょうか。
 気温の高い時間帯だったのでスズメバチなど天敵に襲われたのであれば逃げ出すハズですし、風はほとんどなかったし、原因が思い当たりません。


 越冬03は、午前11時の段階でもういなくなっていました。辺りの葉を撮影して確認しましたから見落としではなさそうです。
 11/12からたった2泊のおつき合いでしたが、スズメバチの姿が見えなくなってから、ムラサキ・ポイントをまた悉皆調査するほかありません。




 一方、キタキチョウと言えば、
 
キタキチョウ(左:#6(秋型 ♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)・
右:[越冬#1 ~11/9](夏秋中間型? ♀? 2017/11/13 15:06)
キタキチョウ
 暖かい日だったにもかかわらず、越冬#1には変化がありません。
 しかも、お昼前にはいなかった新顔の#6が、お昼過ぎからすぐお隣でぶら下がっています。

 この場所は越冬場所としては安定しているようですから、明日の日中もおねむのようなら#6も越冬認定したいと考えています。
 
 
キタキチョウ(左から#3 夏秋中間型? ♀・#4 ♂・#5 ♂? 2017/11/13 15:08)
キタキチョウ
 こちらも3個体で変化がないように見えますが、お昼前には右端の#5がいなくなっていました。
 そのため、#5のぶら下がっている場所が前日と違っていますが、斑紋などを確認するとやはり#5のようです。

 #4、#5のミズナラ?は落葉樹ですから越冬場所としては問題外ですし、#3の場所も雨対策など難点があるほか始終私が通行しますので越冬場所としては不安定と思われます。
 
 
テングチョウ(♂ タテハチョウ科テングチョウ亜科 2017/11/13)
テングチョウ
 ムラサキ・ポイントの葉上に姿を見せました。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2017/11/11)
アカタテハ
 暖かかった昨日、こちらもムラサキ・ポイントの葉上にとまっていたのですが、高いところで開翅もしてくれなかったので、直近分を載せておきますね。
 どこかで越冬する(している?)ものと思われますが、アカタテハの越冬シーンはこれまで見かけたことがありません。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2017/11/11)
ツマグロヒョウモン
 昨日も翔んでいましたが、この日も暖かかったのでチャノキの花で吸蜜していました。
 まもなく死滅してしまうことを知っているかのように、残り少ない生を楽しんでいるようです。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ウラギンシジミ  シロチョウ科  タテハチョウ科  ヒョウモン 

曇りの日のお仕事

 
 朝方は7℃、陽射しの谷間になっているようで午前中は厚い雲が広がって、気温はほとんど上がりません。
 お昼を過ぎて雲の切れ間から陽射しが見えるようになりましたが、太陽側に雲が集まっていて時おりしか晴れず、最高気温は16℃どまりでした。




 こんな日にはこんな日のお仕事があり、午前11時を回ってからパトに出ました。
 
 
ウラギンシジミ[越冬03 ~11/12](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:03)
ウラギンシジミ
 どんよりした日はカシ類の葉の照り返しも弱く、ぶら下がっているウラギンシジミを見つけやすいことがあります。
 ただ、まだまだキイロスズメバチが翔んでいますので薮には入れず、本日の段階ではムラサキ・ポイントに限定して葉裏の悉皆調査に取り組んでみました。

 その結果、ムラサキ・ポイント最西側の地上高3mほどの場所でぶら下がっている個体を見つけました。
 
ウラギンシジミ
 越冬02とほぼ同じ大きめの個体で、これも♀ではないかと思われますが定かではありません。
 左後翅が小さく破れています。
 
[越冬03](14:01)
ウラギンシジミ
 この時間帯になって空が青くなり、翅にも陽が当たり始めました。
 
ウラギンシジミ
 適切な場所がなく、こんな目印になりました。
 
 
ウラギンシジミ[越冬01 ~11/9](♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:09)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 特に変化は見られません。
 
 
ウラギンシジミ[越冬02 ~11/10](♀ 11:13)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 風がほとんどなかった本日は、翅をピタッと閉じています。
 
 
 
キタキチョウ #4(♂ 13:49)
キタキチョウ
キタキチョウ
 東の畑の崖面のミズナラ(かな?)の、色が変わってきた葉表にしがみついている感じです。葉がねじれているので葉裏と思ったのかも知れません。
 落葉樹のようですから、とりあえずの寝室のようです。
 
 
キタキチョウ #5(♂? 13:51)
キタキチョウ
 同じミズナラで、こちらは葉裏にぶら下がっています。

 どちらも♂のようで、どちらかが昨日#3にちょっかいをかけていた#2と思われますが、識別できないので#4、#5としました。
 
 
キタキチョウ
 砂粒以下ですが、変化の見られなかった#1や#3との位置関係はこうなっています。
 崖下の道が裏の畑へ上るルートです。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ウラギンシジミ  シロチョウ科 

イヤよイヤよもイヤのうち

 
 未明の雨が残った朝は12℃、雨が上がって陽射しも見え始めましたが、強い北寄りの風が木々を揺らし、最高気温は17℃でした。




 15℃に達した午前11時頃に安否確認パトです。
 
 
ウラギンシジミ[越冬01 ~11/9](♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:03)
ウラギンシジミ
 雨にも耐え、日中のぶら下がり3日目ですので、越冬を開始したと認定しました。

 強い北寄りの風で枝が揺れていましたが、変化はありません。
 ただ、ぶら下がっている箇所の枝が細いので、もっと強い風の場合越冬を継続できるのか心配です。
 
 
ウラギンシジミ[越冬02 ~11/10](♀ 11:07)
ウラギンシジミ
 まだ2日目ですが、旅は道連れです。
 
ウラギンシジミ[越冬02](13:43)
ウラギンシジミ
 ぶら下がっている場所の尾根下は茶園で、背後(北側)の木は一重で風が通るためか、この程度の風でも翅を少し開いています。

 この状態では、もっと強い風の中での越冬継続は厳しそうです。
 
 
キタキチョウ[越冬#1 ~11/9](♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 10:54)
キタキチョウ
 東の畑の崖面の比較的安定した場所で、日中のぶら下がり3日目です。
 これも越冬を開始したと考えてよさそうです。
 
 
キタキチョウ(左:#2 夏秋中間型? ♂・右:#3 夏秋中間型? ♀ 10:54)
キタキチョウ
キタキチョウ
 暖かかった昨日の日中、↑の越冬01と1.5~2mの間隔で3頭が並んでいたのですが、本日、中央の#2が目覚め、#3にちょっかいをかけはじめました。

 #2は翅を震わせて嫌がっていたのですが、とうとう開翅して腹部を反らすお決まりの交尾拒否ポーズをとりました。
 
キタキチョウ #3(夏秋中間型? ♀ 13:43)
キタキチョウ
 耐えかねて#3も逃げ出したのですが、この時刻になると同じ場所に戻ってきていました。肛角付近に破れがあるのが特徴です。

 この場所は見通しがきくので♂にも絡まれたし、雨対策は難しいと思われるので、いずれ寝室を替えるものと思われます。
 
 
 
ムラサキツバメ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 11:23)
ムラサキツバメ
 本日のムラサキ兄弟はムラサキ・ポイントでのこの方だけ、開翅もせずにすぐいなくなってしまいました。
 強風で枝葉が大きく揺れ、ピントが合いません。



 昨日の積み残しのムラサキシジミです。
 
ムラサキシジミ #1(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/11/10)
ムラサキシジミ
 裏の畑の東隣との境界付近の放任茶園は、朝から西日まで陽だまりになっていて、よくムラサキ兄弟が日向ぼっこをしています。
 昨日はムラサキシジミ2個体がバトルか求愛か定かではないですが絡んでいて、2個体とも撮影したと思っていましたが、全てこの方でした。(^^ゞ
 
ムラサキシジミ #2(♀ 2017/11/10)
ムラサキシジミ
 以下は、ムラサキ・ポイントで見かけたものです。
 
ムラサキシジミ #3(♂ 2017/11/10)
ムラサキシジミ
 
ムラサキシジミ #4(♂ 2017/11/10)
ムラサキシジミ
 
ムラサキシジミ #5(♂ 2017/11/10)
ムラサキシジミ
 昨日は、ムラサキシジミ都合6個体のうち、撮影できた5個体全てが開翅してくれました。
 好みは、ドングリとの2ショットの#5でしょうか。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ウラギンシジミ  シロチョウ科  ムラサキツバメ  ムラサキシジミ 

骨まで愛してほしいのよ ♪

 
 濃い霧の朝は3℃、陽射しがあってもなかなか気温が上がりませんでしたが、お昼前からは歩いていても背中が温かくなるような陽射しになり、最高気温は21℃に達しました。




 こんなお天気だとぶら下がっていたウラギンシジミやムラサキ兄弟の動向が気にかかり、霧が晴れ、15℃を越えた頃にパトに出ました。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 10:51)
キタキチョウ
 裏の畑の東隣との境界の道に落ちていました。
 キタキチョウの♂?が横倒しになった♀?の翅の上に乗ってるらしいとは思ったのですが、見定める前にシャッターを切れ!という教訓をとりあえず励行しました。
 正解!すぐ逃げられ、写真はこれ1枚きりです。

 写真を見ると、キタキチョウの夏秋中間型♂が★になった♀にそれと知らず求愛しているようです。

   生きてるかぎりは どこまでも
   探しつづける 恋ねぐら
   傷つきよごれた わたしでも
   骨まで骨まで 骨まで愛してほしいのよ ♪
        (骨まで愛して 詞:川内 康範)

   死んでもお前を 離しはしない ♪
        (女のためいき 詞:吉川静夫)

 タイトルをどちらにしようか悩みました。直截的には後者でしょうけれど、傷つきよごれたのフレーズが心の琴線にふれました。
 念のため申し上げますが、チョウには骨がありません。(^^ゞ
 
キタキチョウ(★ 夏秋中間型 ♀)
キタキチョウ
 生きているキタキチョウの複眼は、どんな色合いだったか覚えておられますか。
 昨日の記事でも分かりますが、生きていると複眼は黄一色で、★になるとこのように茶褐色から腐敗して黒くなります。

 翅裏から♀と識別しました。
 
キタキチョウ
 ずい分スレたようになっていますが、前翅翅頂には滑らかにカーブした黒斑があり、 夏秋中間型と思われます。
 
キタキチョウ
 ♂であれば図示した部分に灰銀色で三日月型の性標がありますが、ないのでやはり♀です。
 
 
 
ウラギンシジミ #2(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 10:56)
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントで、昨日と変わらずぶら下がっていました。
 触角の先端だけ残した全格納状態で、熟睡しているようです。
 
#2(13:06)
ウラギンシジミ
 20℃を超えたこの時間帯でも触角は半格納状態で、眠りは浅くても翔び出すことはありませんでした。
 
#2(15:24)
ウラギンシジミ
 今夜もここが寝室のようです。
 
 
ウラギンシジミ #3(♀ 13:10)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントから翔び出して、地面に降りました。どこかでぶら下がっていて、この陽気で目覚めたものと思われます。

 昨日の#1に似ていますが、確実とは言えないので#3としました。
 
#3(13:18)
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントに戻り、寝室を探しているかのようにあちこちを翔んでいて、地上高1.5mほどの葉裏にぶら下がりました。
 すぐ近寄ると翔び出される恐れがあったので、この写真だけ撮影してこの場を離れました。
 
#3(15:30)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 ほとぼりを冷まして、目印をつけ、キイロスズメバチに警戒しながら樹冠下から撮影しました。


 そろそろぶら下がったウラギンシジミを探すため樹冠下に潜り込みたいと思っているのですが、例年とは異なりキイロスズメバチが大発生しているようですから、思案中です。


 本日、ムラサキツバメは姿を見せませんでしたが、ムラサキシジミを何個体か見かけました。整理が間に合わず別記事にさせていただきますね。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シロチョウ科  ウラギンシジミ  蝶(越冬) 

ハッケヨイ

 
 朝方は11℃、お日さまを追いかけて雲が広がり、晴れたり曇ったりで最高気温は17℃でした。
 寒冷前線が近寄っているせいか空気が冷たく、北風はそれほど強くなかったのに薄ら寒く感じました。
 
 
 
ウラギンシジミ #1(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 10:39)
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントを探し歩き引き返してくると、いつのまにか開翅してとまっていました。
 この時の気温は15~16℃だったでしょうか。
 
ウラギンシジミ
 ピクリともしないので、どアップにしたり、
 
ウラギンシジミ
 こんな向きで撮影してみました。
 11月場所前だからか、ハッケヨイとばかりに脚を踏みしめています。下唇鬚や触角の先のオレンジ色が濃く鮮やかです。

 ↓を撮影しているといつのまにかいなくなったので、キイロスズメバチに注意しながらその辺の葉裏を探してみましたが見つかりませんでした。
 
 
ウラギンシジミ #2(♀ 10:52)
ウラギンシジミ
 ムラシ・ポイントの地上高2mほどの葉裏でぶら下がっていました。
 
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 西側(左)と東側からです。
 先ほどの♀より一回り小さいと思われる個体ですが、右後翅の破れからのぞいた翅表にはオレンジ色が見えないので♀のようです。
 
ウラギンシジミ
 正面(南側)からです。
 
(16:08)
ウラギンシジミ
 この時刻でもぶら下がったままなので、目印をつけました。

 この上あたりの地上高4mほどでぶら下がっていたウラギンシジミは、何度探しても見えませんでした。またヒョコッと見つかるのかも知れませんが、当面いないものとしておきます。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 10:21)
キタキチョウ×2
 パトの道順の東の畑の崖面で2ショットを見かけました。
 とまっているシダや枝の部分が一昨日と同じですから、昨日の雨にも耐えた同一個体たちと思われます。
 1回目のパトの帰りには、どちらもいなくなっていました。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ウラギンシジミ  蝶(越冬)  シロチョウ科  寝相 

きれいきれい(越冬蝶 2017-No.5)

  
 
 朝方は薄曇りの5℃、気温の上がり方は鈍かったのですが、それでも最高気温は19℃になりました。
 
 
 
ムラサキシジミの越冬場所(10:13)
越冬場所
 日課その1の越冬ムラサキシジミの確認ですが、気温の上がり方は鈍かったので出遅れてこの時間になりました。もぬけの空で、その辺にも見当たりませんでした。
 夕方にも戻っていなくて、整理上は昨日越冬完了となりました。

 途切れたことはあっても最初に越冬を確認した2016/11/12からは143日、最大3頭まで増減のあった2016/11/30からは125日、最後まで残ったこの個体は2016/12/5に2頭目で入ってきたもののようで120日間ここで越冬していたことになります。

 成虫になったチョウの生存期間はおおむね1週間から10日だそうですが、4箇月越冬してまだこれから子孫を残す活動を繰り広げるのですから、成虫で越冬するチョウの生存期間は格段に長いものですね。
 
 
 
ルリタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 日課その2の自生アセビパトです。
 遠くからの証拠写真とシャッターを落とすと同時くらいに逃げられました。

 どこにいるのかの「ウォーリーをさがせ」ではありません。トリミングする気になりません。それでもルリタテハと分かるんです!!! ^^;

 春先にルリタテハを見かけても撮り逃がすことがよくあり、初撮の早い年は4月、遅い年は10月、夏型が初見ということも珍しくありません。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 4 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
ルリタテハ 4/5 5 7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
テングチョウ   3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 に整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
左:キタキチョウ(秋型 シロチョウ科モンキチョウ亜科)
右:モンシロチョウ(春型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
誤認求愛
 モンシロチョウやキタキチョウがあちこちで婚活していましたが、中にはこんな誤認求愛も見かけました。
 モンシロチョウの♀は白いハズなのに、どんな理由でしつこく黄色いチョウを追いかけるのでしょうね。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 薄曇りの中でしたが、ムラサキ・ポイント近くのチャノキの葉上で日向ぼっこでしょうか。しかも、あっさり開翅してくれました。
 昨日の#1と同一個体のようで、左後翅の裂け目上部が欠け落ちた感じです。
 
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 同一個体ですが、ムラサキ・ポイントの葉上で口吻をよじらせ、触角を脚にこすりつけて身づくろいをしています。
 クリーニング行動と言われ、以前にもムラサキシジミやムラサキツバメなどで見かけたことがあります。
 
ムラサキシジミ
 こちらでも開翅してくれました。同一個体のハズなのに、光線の加減か印象が大きく異なっている気がします。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  タテハチョウ科  シロチョウ科  誤認求愛  ムラサキシジミ  クリーニング行動 

もしかして もしかして ♪(越冬蝶 2017-No.4)

  
 
 朝方は3℃でしたが、陽光燦々気温がグングン上昇し、最高気温は今季初?の20℃に達しました。
 
 
 
アセビ(ツツジ科アセビ属)
アセビ
 ジャノメ・ポイントから西へ50mほどのところに、立派なアセビがあります。
 以前探鳥の際はこの前を何度も通ったはずですが、花の時期ではなかったためか気にもかかりませんでした。

 この写真は午後のものですが、朝のうち陽が当たっても午後には陰ります。三方を高木に囲まれているため、夏の強い光は避けられるようです。
 日照を好む植物と思っていましたが、暑さや乾燥は苦手なようで、半日陰で育てるほうがよさそうです。

 我が家の地植えと鉢植えのいずれもが生育順調でなく、待てども待てどもコツバメは姿を見せないので、昨日あたりからパトロールのルートに入れています。
 
ビロウドツリアブ
 1回目のパトロールでは、ビロウドツリアブしか見かけませんでした。
 ホバリングしてくれても向こう向きのままで、ちょっと失礼しました。
 
ムラサキシジミ
 2回目に茶色のチョウらしきもの、いた!と思いましたよ。
 
ムラサキシジミ #2(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 色が薄いとは思ったのですが、ムラサキシジミでした。それでも、ムラサキシジミがアセビで吸蜜するシーンは初めて見かけました。

 #2?と思われた方は鋭いですね。以下はおおむね時系列で載せます。
 
 
ムラサキシジミ #1
ムラサキシジミ
 こんな日ですから、朝早めにムラサキ・ポイントを回ったら、カシ類から翔び出したムラサキシジミがチャノキの葉上で日向ぼっこをしていました。ずい分粘ったのですが、気温が12℃ほどの時間帯だったからか、開翅してくれませんでした。
 左後翅に裂け目が見えます。
 
 
ムラサキシジミ #3(13:02)
ムラサキシジミ
 越冬中のムラサキシジミです。
 こんな日にどうやいねい(どこの言葉?関西弁もどきか?)とツッコミを入れましたが、午後1時過ぎまではこのままでした。
 
#3(13:11)
ムラサキシジミ
 再度確認すると越冬場所からいなくなっていて、キョロキョロ探すとすぐ上の葉上にとまっていました。
 左右前翅の外縁が切れたようになっていて右が大きいので、越冬個体に間違いありません。
 
ムラサキシジミ
 高いところでしたが開翅してくれました。
 
#3(14:47)
ムラサキシジミ
 次のパトロールの際葉上に見当たらなかったので、念のため越冬場所の枯葉をのぞき込んでみると、ちゃんと元どおりになっていました。
 この写真では分かりにくいですが、前翅外縁も同じように切れています。

 ちょっと待ってよ。越冬は完了して今夜の寝室にしてるだけなの、それともまだ越冬は続いているの、どう整理しようかなぁ。^^;
 
 
ムラサキシジミ #4
ムラサキシジミ
 この個体はヨレヨレです。高いところでしたが、青鱗粉もほとんど落ちているようです。
 
 
ムラサキシジミ #5
ムラサキシジミ
 #3の越冬場所出戻りを確認した後の時間帯に、チャノキの葉上から葉裏をなめていました。
 開翅はしてくれませんでしたが、外見上は傷みが少ないように見え、#1~#4とは別個体のようです。

 何かムラサキシジミに翻弄されたような一日でした。
 
 
キタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
キタテハ
キタテハ
 東の畑のハナニラで吸蜜していました。

 過去6季、キタテハは全て3月末までに見かけていて中には2月中という例もあったのですか、今季初めて4月にずれ込みました。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 4 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
テングチョウ   3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ルリタテハ   7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 に整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アブ  花木  ムラサキシジミ  蝶(越冬)  タテハチョウ科