餅は餅屋?

 
 朝方は4℃と冷え込み、茶園の防霜ファンがうるさいくらいでした。
 雲一つない青空で陽射しが強く夏日になるのかと思っていたら、徐々に雲が広がり、風が強くなって、最高気温は21℃どまりでした。



 自生のアセビには花が数えるほどしか残っていませんが、昨日コツバメを見たことだしとダメ元で回ってみました。
 
コツバメ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
コツバメ
 いないなぁと思っていたら、飛来しました。
 産卵するでもなく、まともにモデルにもなってくれません。
 
コツバメ
 緑毛幻光気味の写真になりましたが、この後いなくなってしまいました。

 さて、この2枚に花が写っているでしょうか。花はなくても、コツバメはアセビに似合います。(^^ゞ
 
 
トラフシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
トラフシジミ
 東の畑のヤマブキの葉上で、エライキレイなトラフシジミを見つけました。
 しめた!これは開翅の狙い目と思ったらすぐ逃げられ、翔んだ際の鮮やかな青に悔しさを増幅させられました。
 しかも、1枚きりの写真がこれでは嘆くよりありません。
 
トラフシジミ
トラフシジミ
 気の毒に思ってくれたのか、私の日頃の行いか、西日の射す頃花壇のイベリスに飛来し、タイム移って吸蜜していました。(^^ゞ
 押っ取り刀でカメラを持ち出し、アップを撮らせてもらいました。

 昨季、イベリスの上で開翅してくれたので見守っていると、常時数頭いるベニシジミが追っかけごっこのついでに追い払い、3回ほど戻ってはきたのですがとうとういなくなってしまいました。
 
 
アゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ
アゲハ
 東の畑の八重のヤマブキの網の中で、アゲハがバタバタしていました。防鳥網かと思ったら、シカが新芽を食べてしまうのでその対策のようです。

 逃がしてやろうとしても手に乗らず、仕方がないから翅をつかんで出してやりました。一瞬手に乗りましたが、お礼はそれだけでした。(^^ゞ
 青やオレンジ色が鮮やかな上、傷みも見えないピカピカの個体なので、このヤマブキで蛹化、羽化したのではないかと抜け殻を探したのですが見つかりませんでした。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科シジミチョウ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで久しぶりに見かけました。
 当地でのムラサキシジミ一化(今季第一世代)個体の出現は5月下旬以降で、翅の傷み具合からも越冬個体の生き残りと思われます。



 そして事件です。
 
ツバメの巣
ツバメの巣
ツバメの巣
 10日ほど前から営巣し始めていて、産卵したのかどうか確認できていませんが、本日カラスに襲われたようで、巣が大破していました。

 例年、カラスやアオダイショウに襲われ、ここ2~3年は巣立った仔がいないと思われるのに、懲りずにここで子育てしています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: コツバメ  トラフシジミ  アゲハチョウ科  ムラサキシジミ  事件 

出てくるもの(新生蝶(2016-No.4))

 
 雨の朝、最低気温は13℃と高めでしたが、午後に少し陽が射した程度で最高気温は18℃どまりでした。



 庭に出てみると、
 
バーベナ(クマツヅラ科バーベナ属)
バーベナ
 
タイム(シソ科イブキジャコウソウ属)
タイム
 どちらもこぼれ種で広がったものですが、エライ荒らされています。
 昨日、庭の野菜畑があちこち掘り起こされ、イノシシにしては気持ちおとなし目かなと思いながらも、一度入ってくると繰り返すだろうと恐れていました。
 裏の畑から降りてきたものか下から上がってきたものか不明ですが、当面夜は外に出ないことにしています。



 チョウは、この間薄曇りやら風の強い日が多くて余り見かけなかったのですが、
 
ヤマトシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ ♂
ヤマトシジミ ♂
 裏の畑で見かけました。
 ほかにも♂か♀か分からない個体がいたので、この後すぐスクランブルしました。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]

 20162015201420132012
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/8 1 3/20 3/16 3/16 3/27
ベニシジミ 3/17 2 4/15 3/25 3/16 4/8
ルリシジミ 3/21 3 3/20 3/28 3/17 3/31
ヤマトシジミ 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10 4/15
コツバメ   3/22 4/3 3/19 4/13
トラフシジミ   4/12 4/14 11 4/16 12 4/15
アゲハ   4/16 3/29 3/30 4/17
ツマキチョウ   4/17 4/10 4/2 4/27 11
ツバメシジミ   4/24 4/12 10 4/1 4/17
ヒメウラナミジャノメ   4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11
モンキチョウ   4/24 3/28 3/25 4/14
スジグロシロチョウ   4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12
コチャバネセセリ   4/26 12 4/27 13 6/27 16 5/5 14
ツマグロヒョウモン   5/4 14 5/11 15 5/13 14 4/29 13
クロアゲハ   5/5 15 5/6 14 5/13 14 5/7 16
ミヤマセセリ     3/31 5/8 14 5/5 14
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理
 しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この16種内での相対的順位を表示している
 ことがあります。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 事件  草花  シジミチョウ科 

なごやん~救いがたい

 
 朝方は8℃、日中は14℃、あまり陽もささなかったのに暖かい一日でした。


 さて、なごやん事件の結末です。


 敷島パンからの送り状(2/1受)
 
平成26年1月
お客さま各位

拝啓
平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 この度は、弊社商品の一部でカルキ臭のするものがあり、万全を期する為自主回収させていただきました。お客様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたこと、ここに深くお詫び申し上げます。また、自主回収にご協力いただき、対象商品をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。
 今後、原因を徹底究明のうえ、品質管理体制を強化し再発防止に努めて参りますので、何卒ご理解を賜りますとともに、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
 本日、商品代金に代え、クオカード(コンビニエンスストアなどでお使いいただける商品券です)をお送りいたしますので、お納めくださいますようお願い申し上げます。
 末筆ながらお客さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

敬具

〒461-8721 名古屋市東区白壁五丁目3番地
敷島製パン株式会社 パスコお客さま相談室
フリーダイヤル:0120-877-835
 
 私の気になったのは、「万全を期する為自主回収させていただきました」との文言、食べたって大したことはないとの考え方が透けて見えるように思えます。穿ち過ぎでしょうか。(^^ゞ
 
quo.jpg
 写真が1枚もないのもさびしいので・・・
 我が村にはコンビニが1軒もないなんて、思いもしないのでしょうね。(^^ゞ

----------------------------

販売店に対する私のメール(1/9送信)

敷島製パンが、「なごやん」などでジクロロフェノールが混入しカルキ臭がする製品を自主回収しているということが昨日の新聞等で報道されました。
よりにもよってその当日(1/8)、家内が買い物に行ったところ、●●店では「なごやん」が売り出しされていて、この製品は問題ない旨の小さな注意書きはあったそうです。
混入の原因や範囲は敷島製パンから具体的に説明されておらず今後の防止策も必ずしも明らかではありません。
http://www.pasconet.co.jp/20140107.html
口に入る食品であるのに、流通業者である御社が責任を持って即日どのように確認したのか疑問です。当面は販売を控え、防止策などを確認の上、再開するというのが妥当な線ではないでしょうか。
お手数ですが、お考えをお示しください。


販売店からのメール(1/10受信)

平素は○○をご利用いただきありがとうございます。
私は、○○××部お客様相談室の□□と申します。

なごやんの件でメールをいただきました件におきましては報道されました パスコ なごやん でカルキ臭があると指摘されました。
下記該当日付けの商品は全て売場より撤去を致しております。
該当商品 2014/2/6~2014/2/13 までの賞味期限です。
この度の商品撤去は原材料に何らかの原因でカルキ臭が付着したとの事より該当の原材料を使用している全商品の撤去を行いました。
該当商品(該当原材料)以外は異常がない旨もメーカー様に確認の上販売致してしております。

今後とも、○○へのご愛顧ご利用をお願い致します。


 これは論点をずらしたりすり替えたりする議会答弁の見本、ツッコむ気にもなりませんでした。
 数日後家内が買い物に行った際は、なごやんの姿はなかったそうですから、問題視したのは私だけではなかったようです。
 
 
写真をクリックいただくいても、今回だけは大きくなりません。(^^ゞ
 

タグ: 事件 

なごやん~理屈はそうなんやけど・・・

 
 しのつく雨がやみ間なく続いた一日でした。


 全国区かどうか承知していませんので、「なごやん」って何やとおっしゃる方もありそうですね。
 
なごやん
20140108-nagoyan-01.jpg
 何のことはない、白あんの饅頭です。

 今朝、家内が「なごやん」の記事が掲載されているよと教えてくれました。三面(実際は33面)の片隅の小さな記事でした。
 それによると、「なごやん」などにジクロロフェノールが混入し、カルキ臭がする製品を自主回収しているというものでした。

 PascoのHPを見てみると「賞味期限表示が14.2.6~14.2.13の期間のもので、製造者が「敷島製パン株式会社 K」のもの」が該当するとのことです。
 
包装ケースの表示
20140108-nagoyan-02.jpg
 的中!今年は春から・・・何でも当たりゃいいというものではないですよね。^^;

 5個入で2個残っており、昨日もおやつに食べたばかりです。私、鼻は敏感なほうですが、カルキ臭は感じませんでした。
 その際には、今日家内が買い物をすると言ってたので「なごやん」を買ってくるよう頼んでいました。笑えない話です。

 フリーダイヤルはどうせつながりにくいだろうと、本日受取人払いで送付しましたが、案の定混雑しているようでHPにその旨追記されていました。


 そしてスーパーの買い物から帰ってきた家内が、開口一番、「なごやん」がたくさん置いてあって、期間外に製造したものは大丈夫と小さな字で書かれていたと言います。
 理屈からするとその通りかもしれませんが、口に入るものなのに食品会社やスーパーの感覚はそんなものかと呆れました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 事件