メスグロヒョウモン・スジグロシロチョウの産卵(水滴コロコロ 2017-01)

 
 霧の濃い朝は16℃、最高気温は28℃と4日続きの暑い日でした。




 裏の畑にイノシシがいるかも知れないので、濃い霧の朝の恒例行事はためらわれ、石垣下のカラムシ畑や庭を回ってみました。
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 7:20)
ヤマトシジミ
 見つけたのはこれ1頭だけで、霧が晴れる前の撮影です。
 枯れたオオキンケイギクでおねむ中で、翅の縁にも少し水玉が見えます。
 
ヤマトシジミ(8:01)
ヤマトシジミ
 陽が射すと逆光に水玉が映えますが、触角と脚に少し残っているだけです。
 
 
メスグロヒョウモン(産卵 タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン産卵
 ヒヨドリバナの咲いているお隣の桧林で見かけました。

 メスグロヒョウモンの食草はスミレ類で、幼虫がヒノキの樹皮を摂食する訳ではありません。孵化した幼虫は木を這い降りて、スミレ類で成長します。

 そんなことを知らない時期にチョウの先輩からこれは産卵だっせ(関西弁は使わない。)と教えていただいたときは、冗談だよと笑ってほしい ♪ かと思いました。(^^ゞ
 ミドリヒョウモンなども同様に樹木に産卵しますが、これも生き残り戦略の一つなのでしょうか。
 それにしても、こんな高い木を選ばなくてもとは思いますね。
 
 
スジグロシロチョウ(産卵 シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ産卵
スジグロシロチョウ産卵
 庭のダイコンでしきりに産卵していて、それを撮影していると家内がイヤな顔をしていました。(^^ゞ
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 越冬時期になるとカシ類などの葉裏を見回りますが、この時期は潜り込むシーンを見かけないとほとんど見つかりません。
 かなり敏感で傍を通ると翔び出すことが多く、翔び出すと翅表で♂♀が識別できますが、これまでの例では全て♀でした。
 
 
ナガサキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 東の畑のヒャクニチソウで吸蜜中です。
 かなり傷んでいますが、まだいたのが感想です。


 本日はアサギマダラを見かけませんでした。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シジミチョウ科  水滴コロコロ  ヒョウモン  産卵  シロチョウ科  ウラギンシジミ  アゲハチョウ科 

恋のから騒ぎ

 
 朝方は曇り空の10℃、お昼前から晴れてきたのですが風が強く、最高気温は22℃どまりでした。




 昨日の大騒ぎの方です。
 
ナガサキアゲハ(♀ #1 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
 昨日のお昼過ぎ、庭のブッドレアで吸蜜中です。
 昨日午後の空は、こんな青空でした。
 
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 飛翔撮影もかなり手応えがありました。


 そこへやってきたのはナガサキアゲハの♂で、♀に求愛し始めました。
 
ナガサキアゲハ(左:♀・右:♂ 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
 枝込みで絡んでいたので、求愛シーンにろくな写真がありません。
 この写真は1回目の求愛飛翔で、残念ながらピントが合っていませんが、アゲハチョウ科特有の♂が♀の進路を遮って♀に翅表を見せつけるようにしていたので、不本意ながらの掲載です。
 
ナガサキアゲハ(左:♀・右:♂ 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
 ♀が戻ってきたので交尾が成立しなかったと分かりましたが、♂も戻ってきて求愛を再開しました。
 
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 とまっていた♀は辛抱しきれず花穂を移動しても、♂は諦めません。
 
ナガサキアゲハ(左:♂・右:♀ 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
 耐え切れず♀が翔び立ち、♂は翅表を見せつけても効果がないと思ったのか、今回は力づくで追いかける一方です。
 
ナガサキアゲハ(上:♀・下:♂ 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
 屋根を越えて裏の畑方面に翔び去りました。

 絡み始めてからこの間10分ほどでしたが、エライ長く感じました。
 
ナガサキアゲハ(♂ 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 ♂が戻ってきました。翅の欠けから同一個体のようです。
 今回も交尾は成立しませんでした。
 
ナガサキアゲハ(♀ #2 2017/10/4)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 ♂が去った後♀が姿を見せたので#1が戻ってきたと思いましたが、傷み具合だけでなく後翅の白条の状態も異なっているので別個体だったことに気づきました。


 我が家周辺では、これまでナガサキアゲハは黒系アゲハの中で比較稀少種だったのですが、今季は例年になくよく見かけます。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科 

乗っ取り

 
 朝方は13℃、雲が厚く寒かったのですが、お昼過ぎから陽が射して最高気温は何とか21℃になりました。




 午前中は裏の畑もひっそりしていましたが、陽が射すと庭でもチョウの姿が見られるようになりました。
 大騒ぎは先送りして、小騒ぎから・・・
 
 
メスグロヒョウモン #1(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン
 庭のブッドレアで吸蜜中です。
 傷みのほとんど見えない個体でした。
 
メスグロヒョウモン
 味わいながらまったりしていた様子でした。
 
メスグロヒョウモン
 
上:#1(♀)・下:#2(♀)
メスグロヒョウモン
 #2がいたことを知ってはいたのですが、どちらも♀でしたから、何が起こったのか理解できませんでした。
 花穂は10や20ではないので何故ぶつかってきたのか疑問でしたが、これで治まったのだろうと2ショットが撮影できて喜んでいました。
 #2は、左後翅後縁が欠けています。
 
#2
メスグロヒョウモン
 #1は追い出されて一応逆襲はしたのですが、結局#2にこの花穂を乗っ取られました。
 
左:#1・右:#2
メスグロヒョウモン
 こういう位置関係です。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ
 花のまばらな庭のバーベナで吸蜜していて、翔び立ちました。
 かなり傷んでいて、尾状突起は両方ともありません。



 裏の畑周辺でひっそりと佇んでいた方たちです。
 
 
ホシミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
ホシミスジ
 裏の畑で見かけました。
 かなり傷んでいて、翅はペラペラです。
 
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 大クヌギの樹液酒場付近で見かけました。これだけ近づいても、ピクッともしませんでした。
 こちらもかなり傷んでいて、傷み具合から夏型の生き残りと思われます。
 
 
キタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
 裏の畑の東隣の畑でつるの葉上にうずくまっていました。
 この程度しかアングルがありませんでした。
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ヒョウモン  アゲハチョウ科  イチモンジチョウ亜科  タテハチョウ科 

私の青空(お尋ねつき)

 
 朝方は霧の11℃、流石に寒いと感じました。
 空は晴れ渡り、陽射し燦々、カラッとしたお天気で、最高気温は26℃でした。
 
 
 
クロアゲハ
 こんな青空でした。
 クロアゲハが産卵しようとしていたのか、ユズなどの回りを翔び回っていました。
 
 
ウラギンヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモン
 裏の畑のオミナエシで吸蜜中です。
 ウラギンヒョウモンは、この秋お初です。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 ジャノメ・ポイント付近のアケビで、奇妙な格好のアケビコノハの幼虫探しをしていたら、翔び出して開翅してくれました。
 
アケビ(アケビ科アケビ属)
アケビ
 熟れ頃になっていました。



 ところで、ムラシ・ポイントの北側の進入路沿いでこんな花を見かけました。どう見てもギボウシのように思えますが、秋咲きのコバギボウシとは似ていません。
 
(2017/9/23)
ギボウシ?
ギボウシ?
 この翌日には花がしおれて、その様子もギボウシとソックリです。
 植えた覚えもなく、自生かも知れませんが、このような花は初めて見かけました。
 お教えくださいね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  ヒョウモン  ウラギンシジミ  果樹  草花 

秋晴れ

 
 朝は霧の15℃、まもなく晴れわたり、強い陽射しで最高気温は30℃、真夏日になりました。

 ところで、当地の霧は、放射冷却により冷えた空気が木津川に接することにより発生するので、川面より少し高い我が家では下から昇ってくる感じです。
 山あいの当地では風が吹き抜けることが少ないため、秋、特に中秋から晩秋にかけて濃い霧が発生し、長時間居座ります。
 これからそのシーズンに入りますが、水滴コロコロが撮影できる季節でもあります。
 
 
ミドリヒョウモン
 こんな空でした。
 昨日よりはかなりまともなミドリヒョウモンの♀が、裏の畑のブッドレアで吸蜜中です。
 
 
キタテハ(秋型 ♀ タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
 ジャノメ・ポイントを南側から形成するシキビの葉上で、逆さになって翅を開閉させ暖気運転していました。
 翅裏の赤みが強く、傷みも見えないので、羽化間もない個体と思われます。

 この秋、キタテハはお初、しかも越冬明け個体以来で、まだ残っているとは思う夏型すら見かけたことがありません。
 
 
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 午後遅くにパトしたところ、アサギを見かけるフジバカマとは別の花で見かけました。
 水色の帯は色鮮やかですが、左前翅に大きな欠けが見られます。
 アオスジアゲハはこの秋お初です。

 この花は、軸が赤く、ピンクの濃い花色もサワフジバカマの特徴ですが、開花時期が早めです。
 赤軸のフジバカマもあるそうですが、どんなものでしょうか。
 
 
スジグロシロチョウ(夏型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ
 石垣下のカラムシ畑のキツネノマゴで吸蜜中です。で見かけました。
 スジグロシロチョウもこの秋お初です。

 照る陽も 曇る日も」のかどやんさんから教えていただきました。ありがとうございます。(2017/9/26追記)

 左側は前翅中央が少し引っ込んでいるかな程度、右側にはしわが多く見えます。
 
スジグロシロチョウ
 上側からはこんな状態で、羽化不全と思われます。


 アサギマダラは三連休のようですが、明日明後日は雨の予報、休暇明けはいつなのでしょうね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  ヒョウモン  タテハチョウ科  アゲハチョウ科  シロチョウ科  羽化不全 

二元中継

 
 朝方は霧の16℃、陽射しが強く最高気温は29℃に達しました。



 日向では暑く、日に何度もアサギ確認に出るのは大変だと思っていましたが、家内が裏の畑で作業をすると言うので、見かけたら連絡をもらうことにしました。
 私はあちこちに点在しているヒヨドリバナをその間に確認していましたが、残念ながらどちらでもアサギの姿は見られませんでした。

 本日は、トピックスらしいものは特にありません。
 
 
モンキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ
モンキアゲハ
 花壇のペンタスで吸蜜中です。
 昨日あれだけ黒系アゲハの悪口を言ったからか、傷みらしいものはほとんど見えず、白条や橙斑もクッキリしている個体です。
 やはり、呼ぶより謗れ!でしょうか。(^^ゞ
 
 
ミドリヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン
 二元中継の効果で、進入路沿いの開花し始めたヒヨドリバナで見かけました。かなり傷んでいます。
 ヒヨドリバナも切り戻しをしていなければ、花期はフジバカマとそれほど変わらないものですね。
 
 
ミドリヒョウモン(♂)
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン
 裏の畑のフジバカマで吸蜜中です。こちらもかなり傷んでいます。
 フジバカマの毒(アルカロイドの一種)が回っているのか、時おり体をピクッピクッと震わせていました。

 ミドリヒョウモンは、この秋お初です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  ヒョウモン  野草 

アサギ休養日(蝶ノート 1/2)

 
 朝方は16℃、霧が降りていましたがすぐ晴れました。
 午後は曇りがちで、最高気温は27℃でした。




 日曜日だからか、アサギマダラはお休みでした。週休1日、できることなら休日出勤もなんて某企業のようなことを思っています。(^^ゞ
 在庫整理をしなさいという、温かい思いやりなのでしょうか。
 
 
モンキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ
 ヒガンバナで一応吸蜜していたようですが、そう長居はしませんでした。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ
クロアゲハ
 クロアゲハは、ヒガンバナに執着していました。
 ヒガンバナには、黒系アゲハがよく似合う、でしょうか。
 
 
カラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2017/9/20)
カラスアゲハ
カラスアゲハ
カラスアゲハ
 庭のブッドレアで吸蜜中です。
 青鱗粉がキレイに見えたのですが、翅がひどい状態です。
 
 
モンキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ
 
モンキアゲハ(♀ 2017/9/21)
モンキアゲハ
 日にちは異なりますが、どちらも花壇のペンタスで吸蜜中です。
 残念ながら、どちらも翅がひどく傷んでいます。


 この秋は黒系アゲハを例年よりよく見かけますが、ピカピカ個体はほとんど見かけません。贅沢な思いですが若干食傷気味で、色鮮やかで目が覚めるような個体を見たいものです。
 
 
アゲハ(左:♂×2・右:♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2017/9/20)
アゲハ
アゲハ
 最近、アゲハが多くなり、求愛飛翔もそこここで見かけます。
 その割に交尾シーンはさっぱり見かけません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シロチョウ科  アゲハチョウ科  草花 

ナガサキアゲハの求愛

 
 本日2コマ目です。



 朝方は19℃、台風一過の陽射しが強く、最高気温は28℃となり、身体がだるく感じました。
 
 
 
ナガサキアゲハ(左:♂・右:♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 庭の花壇で求愛中で、この後は♀が翔び♂も追いかけて姿が見えなくなり、求愛飛翔のパターンになりませんでした。
 ナガサキアゲハの求愛シーンはこれが初めてで、我が家周辺では個体数の少ないナガサキアゲハですが、今季は増えたのかなという印象です。



 久しぶりの紫探しに出ると、
 
ムラサキツバメ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキツバメ
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。この秋お初のムラサキツバメです。
 当地ではムラサキツバメは越冬できないようですが、このまま成虫で越冬に入る三化個体ではないかと思われます。
 
ムラサキツバメ
 開翅はこの程度でした。


 ムラサキ・ポイントではムラサキシジミを1頭見かけたし、今後紫の競演を見せてくれるものと期待しています。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 日中でも相変わらず葉裏に潜ったままですが、横を通ると翔び出し、別の葉裏に潜り込みます。
 
 
アカタテハ(幼虫 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2017/9/15)
アカタテハ幼虫
 石垣下のカラムシ畑で見かけました。成虫はよく見かけますが、幼虫は初見です。

 カラムシでのアカタテハの産卵シーンはときどき見かけますが、草丈が高くなるカラムシは目立つ雑草のため刈り払われることが多く、私もこれまでカラムシ畑をパトするようなことがありませんでした。
 これもクロアゲハの誤産卵の効用ですね。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン
 庭のブッドレアで吸蜜中です。
 スレなどが目立ち、いかにも夏越ししましたと体中でアピールしているようです。
 秋豹としてはお初で、本日も見かけたメスグロヒョウモンに次いで2種類目です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  ムラサキツバメ  ウラギンシジミ  タテハチョウ科  幼虫  ヒョウモン 

昨日今日のチョウ

 
 朝方は18℃、陽が射したかと思うと薄曇りという一日で、最高気温は27℃でした。




 昨日はオニヤンマにぶっ飛ばされたので、昨日分も一緒にレビューです。
 
 
ナガサキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ナガサキアゲハ
 庭のブッドレアで吸蜜中です。
 少しスレが見え、脚や腹部は花粉まみれです。
 
ナガサキアゲハ
 右前翅に大きな引っかき傷がありますが、比較的青鱗粉は残っていて、青味がかった黒光りをしています。
 
ナガサキアゲハ
 翔び出しました。
 
ナガサキアゲハ
 花ガラがなければねぇ。(^^ゞ
 
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン
 朝、庭のロウバイの葉上でペタリ、目より高い場所なので手近の石に上がって撮影しようとしましたが、手ブレどころか身体ブレで諦めました。
 ピカピカで、今朝にでも羽化した個体のように思われます。
 
ツマグロヒョウモン
 ブッドレアのもっと高いところに移動し、吸蜜し始めました。
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2017/9/13)
メスグロヒョウモン
 これは昨日、庭のコクタンで180度超の開翅ですが、これも目よりかなり高くてこの程度の写真です。
 この秋の本ヒョウモンは、まだメスグロヒョウモンの♂しか見かけていません。
 
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2017/9/13)
ルリタテハ
ルリタテハ
 ジャノメ・ポイント南側で見かけました。
 ちょくちょく見かけるようになりましたが、まだ秋型は見かけていません。
 
 
コミスジ(夏型 タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科 2017/9/13)
コミスジ
 庭の通路にとまっています。
 今季コミスジをよく見かけるようになった反面、昨季まであれほど見ていたホシミスジを滅多に見かけなくなりました。
 
 
キマダラセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
キマダラセセリ
キマダラセセリ
 昨日も今日も、石垣下のカラムシ畑で見かけました。
 
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2017/9/13)
コチャバネセセリ
 裏の畑のオミナエシです。
 手前はクマバチですが、お目当てのハチはさっぱり見かけません。
 
 
ダイミョウセセリ(セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科 2017/9/13)
ダイミョウセセリ
 庭のシソが開花し始めると、早速飛来しました。
 一見では傷みが少ないようでしたが、右前後翅が破れています。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/9/13)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで見かけました。
 傷みが少なく見えたので開翅してと念じました。翅裏の斑紋が薄いことの多いムラサキシジミですが、何故かこの個体は斑紋がほとんど見えません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  ヒョウモン  タテハチョウ科  イチモンジチョウ亜科  セセリチョウ科  ハチ  ムラサキシジミ 

違いが分かる

 
 朝方は20℃、一時陽の射したこともありましたがほぼ一日中曇り空で、最高気温は27℃でした。




 昨日の今日ですから、朝パトに出て、当然一番にムラシ・ポイント付近でゴイシシジミを探しましたが見つかりません。
 
ヤマトシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ
 ムラシ・ポイント付近でコウゾリナ?、ヤクシソウ?、ノゲシ?にとまっていました。
 斑紋がクッキリしていて、前後翅外縁の黒線枠も見えなかったので、何だろうと撮影しましたが、写真を確認すると緑毛部分がスレた、何の変哲もないヤマトシジミでした。(^^ゞ

 ただ、腹端に丸いものがくっついていて卵のように見えますが、ヤマトシジミの卵は白っぽくて網目があり、球状でなく幾分扁平で中央部が窪んでいます。
 腹端から出る段階はこんな色と形状かも知れませんが、卵だとすると産卵しようとして食草のカタバミにくっつかず、腹端に残ったものかも知れません。
 いずれにしても怪我の功名でしょうか。(^^ゞ
 
 
キタキチョウ(夏型 ♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 ムラシ・ポイント付近で翔んでいたので、もう夏秋中間型や秋型が出現しているかとパシャパシャやってみました。
 キタキチョウの季節は、まだ夏のようです。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ
 ジャノメ・ポイント付近のワラビ畑で見かけました。
 もう1個体見かけましたが、こちらは後翅の白斑が比較的明瞭だった個体です。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
 進入路沿いのキバナコスモス畑?で見かけました。
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2017/9/10)
アカタテハ
 これは昨日、庭のブッドレアで吸蜜中です。
 比較用です。近縁ではあるでしょうけれど、後翅の翅表が全然違いますよね。



 お蔵入りしそうなものを少し載せておきます。
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2017/9/10)
クロアゲハ
 庭のブッドレアから翔び立つ瞬間です。
 吸蜜の際翅を開閉しますが、ここまで平開してくれません。
 
クロアゲハ
 同一個体です。
 目一杯近づいてみました。クロアゲハは見慣れているので、それほど緊張せず翔ばれてもいいやのスタンスですが、逆に相手方も危険を感じないのかもしれません。(逃げられたとしても、苦情は受け付けません。)
 
 
モンキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2017/9/7)
モンキアゲハ
 花壇のニチニチソウの上を翔んでいます。
 折角の飛翔写真ですが、ここまで傷んでいると・・・^^;



 「違いが分かる男」はネスカフェ・ゴールドブレンドのキャッチ・コピーですが、当然のように芦田伸介が浮かびました。
 「あれはクリープを入れないコーヒーなんて」だったのですね。記憶の方は違いが分かっていません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シジミチョウ科    シロチョウ科  セセリチョウ科  タテハチョウ科  アゲハチョウ科