らしい雪

 
 朝方は薄化粧の氷点下、その後も時おり雪、一時的には陽の射すこともありましたが、西から北よりの風が強く吹き、最高気温は6℃、寒い一日でした。

 今冬に霙が落ちてきたり風花が飛んだりということはあったような気がしますが、雪らしい雪はお初です。
 
 
雪
 と言ってもこの程度です。
 花がないかと探してみると、黄色のブッドレアが咲き残っていました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 07:59)
ムラサキシジミ集団越冬
 ムラサキ・ポイントの葉上には雪が積もっておらず、だからこそここを越冬場所に選んだということでしょうね。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 07:57)
ウラギンシジミ
 こちらも同じ並びですから、雪は見当たりません。

 気にかかるのはウラギンシジミの複眼ですが、通常はもっと焦げ茶色なのに、光の加減か白茶けて死んだ魚のような目になっています。
 力尽きたような気がしますが、天候が落ち着いたら脚立に上ってみます。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 08:01)
20161228-kitaki-04.jpg
 東の畑の東に面した崖です。
 確かに雪が降ったようだと分かる程度ですね。
 
キタキチョウ U03(12/23~ 夏秋中間型♀ 08:02)
キタキチョウ
 裏の南面した崖です。
 12/23にU01がいなくなり、同じ崖の2m弱東側でこの個体を見つけました。同じ夏秋中間型♀のようなのでU01が移動したとも思えますが、確かではないので暫定的にU03としておきます。

 コシダの葉上には雪が少しは見えるのですが、撮影が下側からなのでほとんど目立ちません。白っぽいものが葉上に見えると雪らしいと思ってくださいね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  蝶(越冬)  ウラギンシジミ  シロチョウ科 

密談

 
 今朝は1℃と冷え込み気味でしたが、何となく気温が上がって、最高気温は実感のない15℃になりました。



 この間のムラサキシジミ越冬集団の動向です。
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 12:54 2016/12/22)
ムラサキシジミ集団越冬
 枯葉のカールは、↓の翌日には元に戻っていました。
 落ちたり翔び出したりしないかとの心配が先に立ちましたが、冷静になって考えると、乾いたら反ってしまうのは当然ですよね。(^^ゞ
 
(11:32 2016/12/24)
ムラサキシジミ集団越冬
 昨日お昼前に行ってみると、3頭で会議をしていました。
 
(13:40)
ムラサキシジミ集団越冬
 そして本日、15℃前後になったため翔び出すものがいないかと確認したところ、1頭がいなくなっていました。
 どうせ帰ってくるだろうと高をくくっていましたが、午後4時になっても帰ってきていません。

 思うに、この枯葉に雨が当たったりするので、昨日の会議で対策を相談していて、おい新入り(かどうかは不明ですが。)適当な塒を探してこいと送り出されたのではないでしょうか。(^^ゞ


 雨の日でない限り日参しているのですが、どうなるのか引き続いて見守りたいと考えています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ムラサキシジミ 

濃霧

 
 朝方は霧の4℃、明るくなってからどんどん深くなる霧で、今季お初でお昼になっても残っていました。各地で交通網に乱れが生じたようです。
 そのため気温は予報のようには上がらず、午後になって薄雲が広がったから余計で、最高気温は14℃どまりでした。




 霧が消えた午後、昨日の雨と濃霧の影響を確認に出ると、
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:28)
ムラサキシジミ集団越冬
ムラサキシジミ集団越冬
 3頭とも健在で翔び出すような気配はありませんでしたが、昨日の雨か午前中の濃霧の影響で表側に反っていた葉が平たくなっていました。左(西)側からもある程度のぞけるようになっていますが、アングルというにはまだ不十分です。
 ムラサキシジミたちは、気のせいか心なし戸惑っているように見えました。

 上側の個体の外縁は水滴コロコロ状態、下側の個体の後部には水溜りが残っています。
 
(13:35)
ムラサキシジミ集団越冬
 中央の個体が向きを変えると、翅に水玉が残っていました。
 
 
キタキチョウ U01(11/30~ 夏秋中間型 シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ越冬
 裏の崖で継続観察中の個体です。
 今頃になって、翅表翅頂の黒斑が大きい夏秋中間型と気づきました。翅の傷みが激しいので気にかかってはいましたが、夏型はもちろんのこと、中間型も越冬できないと思っていますから、深く考えませんでした。
 
キタキチョウ E05(11/22~ ♀)
キタキチョウ越冬
 東の崖で継続観察中の個体です。

 このすぐ近くでぶら下がっていた個体は、家内が無意識にシダを刈り払って行方不明です。文句を言ってもシダが根づく訳はないし、黙っています。(^^ゞ


 継続観察中のキタキチョウは2頭になってしまいました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  蝶(越冬)  ムラサキシジミ  シロチョウ科 

安否確認

 
 朝方は雨一時霙模様の0℃、日中は一時的に陽も射しましたが、冷たい木枯らしで最高気温は8℃どまりの寒い一日でした。
 気温はどんどん下降し、深更には氷点下になりそうです。




 雨模様続きやお出かけで、4日ぶりの安否確認です。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:56)
ムラサキシジミ集団越冬
 3頭とも健在です。
 寒さが厳しくなってきたためか、肩を寄せ合っています。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:54)
ウラギンシジミ越冬
 当初確認から1箇月になりますが、特に変化が見られません。


 寒くて、キタキチョウの確認までする気が起こりませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ムラサキシジミ  ウラギンシジミ 

帰ってこいよ

 
 寒い朝でした。最低気温は2℃でしたが、冷たい風が通るためかデッキ上の鉢の受け皿に残った水が凍っていました。
 空気は冷たかったのですが、陽射しがあって、思いもかけずお昼前には最高気温の15℃になりました。
 午後には一時的に雷鳴が響きパラパラ、気温はそれ以上には上がりませんでした。




 陽射しがあって15℃前後になると日向ぼっこ組が姿を見せ、折角の越冬集団が瓦解するのではと心配し、パトロールに出ました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:08)
ムラサキシジミ集団越冬
 2頭しかいません。夕方までには帰ってくるさと強がってはみましたが、やはり気落ちしました。

 上が#1、下が#2のようですから、お出かけしたのはずっとジッとしていた#3と思われます。
 
ムラサキシジミ(13:12)
ムラサキシジミ集団越冬
 控え目なハズの#1が、#2を押しのけているように見えました。
 
ムラサキシジミ(14:43)
ムラサキシジミ集団越冬
 この時刻になっても、#3は帰ってきません。
 
ムラサキシジミ(14:44)
ムラサキシジミ
 キョロキョロしてると、いずこからともなくムラサキシジミが日向ぼっこに姿を見せました。
 
ムラサキシジミ(14:45)
ムラサキシジミ集団越冬
 とっさのことでピントが合っていませんが、日向ぼっこをしていたムラサキシジミが一直線に翔んで、塒の枯葉の縁にとまりました。
 
ムラサキシジミ(14:47)
ムラサキシジミ集団越冬
 3個体集団に戻りました。右側が帰ってきた#3のようです。


 さて、#3が探す様子もなくこの場所を目がけて一目散に帰ってきたようですが、どういう方法でこの場所を見つけたのでしょうか。

 ① 3次元GPS能力が備わっていて、それにより帰ってきた。
 ② #1、#2の何らかの臭いを覚えていた。
 ③ 翔び出す前にフェロモンかオシッコで臭いづけをしていた。
 ④ ここに帰ってきて欲しいという私との約束を守った。

 どう思われますか。


   きっと帰って くるんだと
   京都の田舎で 手を振れば
   あの娘は小さく うなずいた
        *
   帰ってこいよ 帰ってこいよ 帰ってきたよ ♪

 そりゃぁ、④でしょうね。^O^
 
 
 
キタキチョウ R01・R02(12/8~ シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:04)
キタキチョウ集団越冬
 東の畑の崖上の里道沿いの四畳半2個体集団ですが、居残っていました。どちらも♀のようです。
 手前側は触角を翅の間に半格納、向こう側は全格納で、眠りの深さに違いがあるように思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ムラサキシジミ  シロチョウ科 

四畳半のキタキチョウ

 
 朝方は3℃、深更は霙だったそうですが、さっぱり気づきませんでした。最高気温は12℃、陽射しはあったのですが、寒々しい一日でした。




 ムラサキシジミ集団越冬の確認はもちろんですが、寒さが続くようなのでキタキチョウがそろそろ安定するのではないかと回ってみました。
 
キタキチョウ R01・R02(12/8~ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
キタキチョウ
 東の畑崖上の里道沿いで、2個体が押しくら饅頭状態でした。Rは里道の意味です。
 1枚の葉の上側に2個体が集まっていますが、下側にスペースがあるのでもっと離れてもよさそうに思えます。
 
キタキチョウ E04(11/15~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ E05(11/22~)
キタキチョウ
 東の崖で継続観察中の個体です。
 ここでは、この2個体しか見つけられませんでした。
 
キタキチョウ U01(11/30~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ U02(11/30~)
キタキチョウ
 裏の崖でもこの2個体だけでした。

 観察中のキタキチョウは、都合6個体です。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 15:46)
ムラサキシジミ集団越冬
 上から#1(11/30~)、#2(12/2~)、#3(12/5~)の順で、3個体とも下を向いています。
 
ムラサキシジミ(11:46 2016/12/7)
ムラサキシジミ集団越冬
 これは昨日で、上から#2、#1、#3の順です。
 #3がほとんど動かないのに比べて、#2が前日の上向きから斜め下を向きに移動していて、その余波で#1が斜め上を向かされているように思えます。
 一昨日の性格占いは、やはり当たっているようです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  シロチョウ科  ムラサキシジミ 

どんな苦労にも耐えてみせます

 
 朝方は9℃と無難な滑り出しだったのですが、午前9時前にはパラパラ、その後は晴れ間も見えました。
 特に午前中は強い北風が吹きすさび、最高気温は12℃どまりでした。




 こんな風の強い日には、越冬組はどうしているのだろうとムラサキ・ポイントを回ってみました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 11:49)
ムラサキシジミ集団越冬
 上部右側の個体が、左側の個体に角(触角)を突き立てている様子です。
 これは大枝を大きく揺らすような北風が葉の間を抜けて、葉の縁で翅を上にしていると風の当たりが強いため、回り込もうとしているものと思われます。
 
ムラサキシジミ(11:52)
ムラサキシジミ集団越冬
 上を向きました。下側の個体は枯葉に風が遮られているためか下向きのままでした。
 
ムラサキシジミ(15:39)
ムラサキシジミ集団越冬
 風がかなりおさまった時刻に確認すると、回りこんだ個体が少し斜めになっていました。中央の個体が、息苦しいから少し離れろとでも言ったのでしょうか。
 西日が周囲の葉にうまく差し込んでレフ板の役割を果たしたためか、比較的見やすい写真になりました。

 なお、この間の写真を見比べていると、到着順に背中がコブ状になっている中央の個体が控え目な#1、右後翅に欠けが見られる上の個体がずうずうしい#2、下が我関せずの#3のようです。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:03)
ウラギンシジミ
 こちらは2.5m前後の高さでぶら下がっているため、自らの枝が大揺れでもっと大変だったようです。下の枝などに叩きつけられて落下の心配がありましたが、夕方前に確認した際も何とか大丈夫だったようです。

 この写真を見ると、気のせいかもしれませんがオレンジ色がほんのり透けているようです。♂なのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ムラサキシジミ  ウラギンシジミ 

願えば叶う

 
 朝方は10℃、夜来の雨が残っていそうな曇り空でしたが、徐々に雲が少なくなって青空が広がり、最高気温は17℃になりました。

 12月になっても日中はこんなにポカポカ陽気だったかなと過去記事を繰ろうとしたら、昨年は記事がなく、2014、2013はどちらも1件で参考になりませんでした。(^^ゞ




 昨日あれだけ姿を見せたムラサキシジミが塒を移動しているのではないかと、ムラサキ・ポイントで枯葉チェックに取り組み、併せてムラサキツバメの塒を探しましたが、その点では成果がありませんでした。
 また、日向ぼっこも見られませんでした。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 12:43)
ムラサキシジミ集団越冬
ムラサキシジミ集団越冬
 ここに1個体が増えていました。
 右前翅の欠けている上側の個体は昨日までにもここにいたので、位置関係などから新参者は下側の左の個体と思われますが、定かではありません。
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 16:08)
ムラサキシジミ集団越冬
 夕方にも3個体いました。
 見上げて撮影すると、にらまれているようです。

 12/2の記事に、「一昨日(11/30)に帰ってきて、2日後の本日には2個体になったということは、明後日(12/4)には3個体か倍の4個体になるかもと期待しながら引き上げました。」と書いたのですが、一日遅れながら3個体になったのですから、中旬には某お方のムラサキシジミ4個体集団を超えるのも夢ではなさそうです。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  ムラサキシジミ 

かくれんぼして鬼ごっこして

 
 朝方は3℃、雲は多かったものの合間から陽が顔をのぞかせ、お昼まではグングン気温が上昇したのですが、お昼過ぎから雲が厚くなって、午後3時過ぎからは雨になりました。
 最高気温は16℃でした。




 午前中の陽射しにムラサキ・ポイントを回っても、午前9時台にはムラサキシジミ2個体の越冬集団しか見かけませんでした。
 それが11時台になると
 
ムラサキシジミ #3(♂ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 11:11)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 カシ類の葉上で半開翅したかと思うと、樹下の背の低いセイタカアワダチソウで吸蜜し始めました。
 #1、#2は越冬中の個体で、これが#3になります。
 
ムラサキシジミ #4(♀ 11:19)
ムラサキシジミ
 右後翅が破れた個体です。
 
ムラサキシジミ #5(♂ 11:22)
ムラサキシジミ
 鱗粉や地色がかなり異なっているので一応#5としましたが、スレによる傷の形状が似ているようでもあり、若しかすると#3と同一個体かもしれません。
 
ムラサキシジミ #6(♀ 11:38)
ムラサキシジミ
 本日見かけた個体では、一番傷みの少ない個体でしょうか。
 
ムラサキシジミ #1・#2(11:41)
ムラサキシジミ
 ムラサキシジミが次から次へと姿を見せるので、その都度越冬2個体を確認して胸をなでおろすことの繰り返しでした。
 最後までこの2個体は翔び出すことがありませんでした。


 結局、本日都合5ないし6個体のムラサキシジミを見かけた訳ですが、ゴキブリなら30倍だそうですが、ムラサキ・ポイントでは10個体前後がいるのではないかと思われます。
 一方、より南方系で低温耐性が低いからでしょうか、ムラサキツバメは1個体も見かけませんでした。
 
 
ヤマトシジミ W(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 9:10)
ヤマトシジミ
 昨日確認し忘れたサワフジバカマ上のヤマトシジミ2個体ですが、すでに複眼が濁りかけていて、やはり★になっていました。
 左の個体が起き上がっていますが、風のいたずらと思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ムラサキシジミ  蝶(越冬)  シジミチョウ科 

サインはV

 
 朝方は1℃と冷え込みましたが、昨日に続いて冬らしくない青空が広がり、陽射しも強くて気温の上がり方が早く、最高気温は18℃に達しました。
 
青空
 こんな空でした。
 ウラナミシジミの♀だろうとは思いますが、ペラペラヨレヨレでウラナミシジミかどうかも定かではありません。




 まずは、ムラサキシジミ集団越冬の呉越同舟の成り行きです。
 
ムラサキシジミ W(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 8:46)
ムラサキシジミ集団越冬
 昨夕主脈の真上にいた左側のムラサキシジミが後部を左に移動して斜めになっています。
 アブ君は脚を立てていますので、もうお目覚めでスクランブル状態でしょうか。
 
(8:47)
ムラサキシジミ集団越冬
 私の気配に気づいたのか、起床時刻と思ったのか、アブ君が陽の当たる方へ歩き始め、音もなく翔び立ちました。
 
(8:52)
ムラサキシジミ集団越冬
 アブ君が去って安心したのか、ムラサキシジミは双方とも触角をクロスさせ、また寝入ったようです。
 先輩諸氏のどなたにも公認?されていませんが、触角のXVはムラサキシジミが寝入ったサインと思っています。

 タイトルで間違えたら、頭の中で「苦しくたって 悲しくったって コートの中では平気なの ♪」と鳴っていて、とことん間違えました。ですが、これはアタックNo.1の主題歌、ここでも間違えていました。(^^ゞ(2016/12/05追記)
 
(13:13)
ムラサキシジミ越冬
 この時刻になると、左の個体はXを解いています。
 
(15:17)
ムラサキシジミ越冬
 Xがなくなりました。本日はこれ以降確認していません。
 
 
 
ヤマトシジミ W(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 9:07)
ヤマトシジミ
 花ガラの残ったサワフジバカマで2個体がとまっていましたが、どちらも★ではないかと感じました。
 腹端の曲げ具合から交尾していたように思われ、何かの理由で交尾器が断ち切られたようになっているのではないかと推測しました。怖気をふるう話しです。^^;

 それなのにすっかり忘れてしまい、この後どうなったかは確認すらしていません。(^^ゞ
 
ヤマトシジミ (♂ 9:10)
ヤマトシジミ
 まだ5℃程度なのに、翔んでいたヤマトシジミがいました。
 光の加減か翅色の青が濃くて美しく、翅裏の黒斑が透けて青く映り、別種かと思いましたよ。


 こんなお天気だったので、キタキチョウも翔んでいて、越冬団地は解消、ぶら下がっていたのは4個体しか残っていませんでした。
 ご破算で再探索が必要なようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シジミチョウ科  ムラサキシジミ  蝶(越冬)  アブ