吹き返し

 
 当地では、台風21号により大雨・洪水・暴風警報、雷注意報、避難勧告の発令や土砂災害警戒情報の発表などがあり、状況把握に苦労しました。

 雨は、21日9:00の降り始め(それ以前から間欠的に降ってはいた)から本日4:00まで43時間の累計雨量は、207mmと近年にない大雨かつ長雨になりました。
 特に22日の19:00から24:00の5時間の累計雨量は76mm、それでも時間雨量の最大は19mmでしたが、それまでにずい分降っていましたからかなり心配しました。

 風も昨夕からかなり強くなり、深更にはどこかで何かが飛ばされたような音が何度かして、不安を覚えました。

 幹線道路の国道163号は木津川の増水により笠置町内で路面冠水し全面通行止め、地域の主要道路である府道月ヶ瀬今山線は崩土により全面通行止め、JR関西本線は本日運行見合わせで、一時はマスコミの喜ぶ陸の孤島化した感がありました。
 
給水車
給水車
 崩土などで簡易水道の給水管が損傷したようですが、損傷箇所がまだ不明なので2~3日は不便を忍ばなければならないようです。
 
イノ跡
イノ跡
 こんな天候だったにもかかわらずイノシシ君が跳梁跋扈したようで、そこここにこんな穴をあけられています。
 大雨だと水がたまり、土砂崩壊を促進することになります。

 幸いなことに我が家の被害はこれくらいで、裏の崖には崩土もなく、屋内に取り込まなかった鉢なども全く倒れていませんでした。


 台風が通り過ぎた本日の最低気温は13℃、朝から強い吹き返しで時おりパラパラ、一時は陽が射しても気温は上がらず、最高気温は17℃どまりでした。
 
 
ムラサキツバメ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 大枝が揺れるような強い風の中で、体を倒して風をよけながらおねむしているようです。

 私は強い近視と老眼+乱視で、ムラサキツバメが何頭にも見え、集団越冬を目の当たりにしました。(^^ゞ
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 裏の畑のワラビの葉上でおねむ中です。
 右の青虫はセセリチョウの幼虫ではないかと思いましたが、該当者はいませんでした。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 裏の畑の大揺れするブッドレアで吸蜜していて、逃げられたと思ったら近くの地面で開翅してくれました。
 後翅のこんなところに青斑があったのかと驚きました。
 
 
ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン
 裏の畑の大揺れするブッドレアで吸蜜していました。
 台風が過ぎ去っても吹き返しの風で大荒れの本日でなければ、記事には載らないところです。(^^ゞ
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  地域  ムラサキツバメ  シジミチョウ科  寝相  タテハチョウ科  ヒョウモン 

見返り美人

 
 朝方は13℃、最高気温は25℃でした。
 
 
 
ウ
 本日は、一日薄雲が広がったこんな空でした。
 群れで翔ぶ鳥がいたので何だろうと撮影しましたが、(カワ)ウ9羽でした。

 鵜飼いではおおむねウミウが使われていて、ウミウは淡水を苦にしないので、こんな山あいでも必ずしもカワウとは限らないようです。
 
ザクロ
 昨日のアケビに味を占めて、ザクロにしてみました。(^^ゞ

 なお、家内にアケビの生っている場所を2箇所教えたら、食べもしないのに昨日の熟したアケビをつるごと取って、引き返そうとする私に持たせました。
 活け花の添え物にするようです。



 この後はチョウの予定だったのですが・・・
 
 
イノシシ
 ムラサキ・ポイントへ上ろうとして、上を見ると、ん?
 キュートなヒップですがどなたでしょう。
 
イノシシ
 
(↑のトリミング)
イノシシ
 9割方イノシシとは思ったのですが、振り向いてくれました。
 かなり遠いのですが先日の若より一回以上大きく、つぶらな瞳でお母さんのような感じです。ただ、毛並みはソフトでキレイに見えましたから、お姉さんかもしれません。

 まだ午後2時過ぎなのにこういう方が歩いているとは、危なくて仕方ありません。一も二もなく撤収しました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 野鳥  果樹  哺乳類 

季節感

 
 朝方は20℃、風はありましたが陽射しが強く、最高気温は30℃に達しました。
 
 
空
 こんな空でした。(^^ゞ

 朝から高山ダムの方向でヘリがしきりに低空飛行していて、何だろうと思いました。
 噂では、つっかけがダム上に揃えて残されていて、地元消防団も出動したそうです。先日、木津川で鮎つりの方が流されたことがあり、その際ヘリが遺体を見つけたため今回も出動した模様です。
 結局見つからず、車も残されていないことから、最近は人騒がせなイタズラも珍しくないので、自殺の可能性は低いと判断したようです。
 
 
ツバメ
 ここ数日、夕方になるとツバメが我が家前の電線に集まってきます。多いときは20羽近くなります。
 いつ南下するか、どのルートを飛ぶのかなどを協議しているのでしょうか。
 
 
サワフジバカマ(キク科フジバカマ属)
サワフジバカマ
 花のピンクが濃い目で軸も赤いので、園芸種のサワフジバカマだろうと思われます。
 初チョウはアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)でした。

 我が家のアサギマダラ御用達のサワフジバカマは、早い時期に切り戻ししているのでまだ蕾が見え始めた程度ですが、この株は離れた場所なので切り戻しし忘れたようです。
 
フジバカマ(キク科フジバカマ属)
フジバカマ
 15株ほどのかたまりで、一部が開花し始めています。
 お披露目のためチョウの訪花を待っていたのですが、初チョウはベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)になりました。
 指を差し出すと2回ほど乗ってくれたのですが、いずれの場合もレンズを向けると逃げられました。(^^ゞ
 
 
ショウキズイセンシロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)
シロバナマンジュシャゲ
 花壇に3芽あるのですが、ほかの2芽が出てくるのか心配しています。
 開花すれば黒系アゲハ待ちです。

 開花して、黄色い花と気づきました。(^^ゞ(2017/9/15追記)
 
 
ポーポー(バンレイシ科アシミナ属)
ポーポー
 裏の畑に植えています。
 こんな科は知らないなぁと思っていたら熱帯性植物で、日本で栽培できるのはポーポーくらいのようです。
 落果して数日が美味しいそうですが、今でも食べられるようです。私は食べたことがありませんが、家内によるとねっとりとして甘くても種が多くて嫌いだそうです。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  野鳥  野草  タテハチョウ科  シジミチョウ科  草花  果樹 

川歩き

 
 朝方はどんよりして14℃と高め、雨が降ったりやんだりして最高気温は20℃、夕方から本降りになりました。
 
 
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 陽射しもないやみ間に、庭のアセビのチョウです。
 目当てと異なるので、何やムラサキシジミかでした。(^^ゞ
 
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 鉢植えに移り、陽射しもないのに吸蜜後の休憩中にあっさり開翅してくれました。
 
 
クロマルハナバチ(♂ ミツバチ科マルハナバチ亜科)
クロマルハナバチ
 鉢植えのアセビで、何故かチンマリと長い時間固まっていました。



 こんなお天気なのに、家内が草餅を作るからヨモギ採りに行くと言います。仕方ないから、木津川までおつき合いしました。
 
 
アセビ(ツツジ科アセビ属)
アセビ
 こちらのアセビは、日陰のためか花つきがもう一つです。
 チョウは見かけませんでした。
 
山ツツジ(ツツジ科)
山ツツジ
 そろそろ時期だと思っていましたが、今季初めて開花しているのを見ました。
 当地では山ツツジと呼ばれていますが、本来のヤマツツジとは異なる気がします。
 
ヒドリガモ(カモ科)
ヒドリガモ
 100羽以上がたゆたっていたので、撮影して調べたら全部ヒドリガモのカップルでした。
 時おりカワウが低空飛行していました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 花木  ムラサキシジミ  ハチ  野鳥 

間に合ってるよ

 
 朝方は19℃、最高気温25℃、台風一過の本日は曇り空のめっきり秋めいた一日でした。


 台風16号の影響は、昨日12:00~16:00の4時間で50mmの雨量、15:33に避難勧告が出され、風も強くいつまで続くのかと不安でしたが、雨は6時間の累計で60mmでした。
 避難所は川近くの水に浸かりそうな我が家より怖い場所なので、やむを得ず引きこもっていました。

 被害は2鉢が倒れて鉢土が少しこぼれた程度、笑い話で済みました。
 
 
裏の崖(2016/9/16)
復旧工事
復旧工事
 6月25日の大雨で裏の崖が崩れ、何やかやで延び延びになっていたのですが、9月14日復旧工事が完了し、この台風を迎えました。
 両側のオーバーハング気味だった箇所も含めての張芝で、物入りでしたがびくともしませんでした。

 地域の土木業者としては珍しいことに、本日台風の影響を確認に来てくれました。
 
 
ヤマトシジミ(左:♂・右:♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ交尾
 咲き始めたフジバカマにヒョウモンが来ていないかと見に行くと、ヤマトシジミが交尾していて、お邪魔虫がちょっかいをかけていました。
 
ヤマトシジミ交尾
ヤマトシジミ交尾
 諦めたのかと思っていると、また翔んで来て体当たりです。
 私は離れて撮影していただけで、定番?のお邪魔虫にはなりませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  地域  シジミチョウ科  交尾 

降ったんだ

 
 朝方は雨の23℃、最高気温は25℃で気温の変動が小さい雨模様の一日でした。


 ↓の記事のとおり一昨日も未明にかなりの雨だったのですが、昨夜の気象警報は大雨洪水注意報のレベルで、それほど気にしていませんでした。
 ところが、大雨洪水警報が2:03に発令され4:06に解除されたのですが、白河夜船で防災情報には全く気づきませんでした。

 地域の雨量データはなく、車で10分弱の役場付近(当地ほど山あいではない。)の京都府の雨量計では、昨日午後1時頃から降り始め、累計雨量は67mm、1時間雨量は午前2時までが14mm、午前3時までが40mmですからこの2時間に集中したようです。

 タイトルの「降ったんだ」は盗用ですが、盗用したくなるような事件がありました。
 
崩土 #1
崩土
 毎季キタキチョウが越冬している家の裏の崖の一部が崩落しました。幅数メートル、土量は4トン車2台分ほどでしょうか。
 幸い自宅には被害は及ばず、浄化槽の蓋が一部埋まった程度で、緊急に措置するほどのものではありませんが、次の雨では続きの崖が崩落することも考えられます。
 
崩土 #2
崩土
 蔵の裏も案の定少し崩落しています。土質が悪い上、蔵の陰で陽が当たらないため、よくあることですが、土が乾いてから除却する程度で済まさざるを得ません。

 急傾斜地指定されていても、何も対策を講じてもらえないのが残念です。



 被害状況の見回りをしていても、日頃の行いのせいか余禄がありました。(^^ゞ
 
ツマグロヒョウモン(交尾 上:♀・下:♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン交尾
ツマグロヒョウモン交尾
 裏の畑を歩いていると、前方向に翔んできました。
 極めて敏感で、近づこうとしたり回り込もうとするとすぐ翔び立ちます。被害確認用の18~270mmのレンズでしたからある程度の大きさで撮影できましたが、解像度は今一つです。
 交尾飛翔形式は、←♀+♂(♀優先飛翔)でした。



 庭では、
 
モンキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ ♀
モンキアゲハ ♀
 パラパラ雨の中、庭のペンタスやランタナ、ブッドレアやリアトリスなどを頻繁に移動しながら吸蜜していました。
 写真は傷みの見え難いものを選びましたが、特に右前後翅には大きな欠けが目立ちます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域  自然・季節  ヒョウモン  交尾  アゲハチョウ科 

通せんぼ

 
 朝方は17℃でしたが、台風19号の吹き返しの強い北風が冷たく、最高気温は19℃どまり、20℃を割ったのはこの秋初めてのことです。
 夕方には既に朝の気温より低くなり、明朝は10℃を割り込みそうです。


 台風19号の影響を見回りましたが、プラ鉢一つが倒れた程度で何の被害もなさそうでした。念のため進入路を下ってみると・・・
 
倒竹
 左の斜面上に竹やぶがあり半分ほど枯れていますが、進入路を塞いでいました。
 たまたま新聞休刊日だったので、午前7時過ぎのこの時刻までに登ってくる人がなかったことが幸いでした。

 少し風が強いとよく竹が倒れるので、大きな顔をして台風の被害とは言いがたいものがあります。(^^ゞ
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 アサギパトの途中、いつもの場所で見張りです。
 ♂は追い払うけれど、♀は通さないのでしょうね。^O^


 アサギマダラは4日連続で見かけていません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  ウラギンシジミ 

台風見舞い

 
 昨夜来の強い雨は、20:00から今日の08:00までの12時間で180mmに達し、最大時間雨量は05:00-06:00の38mmになりました。
 忘れっぽくなっている私の記憶では、こんな雨の量は知りません。

 皆様には、何かとご心配いただきましてありがとうございました。
 
 
崖崩れ
崖崩れ
 東の畑の高さ5~6mほどの崖の一部が崩れました。
 崖上は里道で、この間イノシシがヤマノイモ(だろうと思う。)をあさって、大きな穴を何か所もあけています。
 この道の奥(写真右側)は我が家周辺でのチョウのポイントの一つで、歩きにくくなって困っていました。チョウのポイントすなわちスズメバチのポイントですから、逃げる時も足をとられると最近はパトロールルートから外していましたが、とうとうこんなことになってしまいました。

 崩土を放置しておいても当面支障がなく、更に崩れてくる恐れもあるので、土が乾いてから除去するつもりです。
 自宅の裏側の崖にも同様の危険がありますが、何もなくてホッとしています。


 12:55に避難勧告が解除され、午後に落ち葉をかきあつめていると、こんなものが紛れていました。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 箒で掃きだしてしまいましたが、軒下にでも避難していたのでしょうか。
 苦労してきたのか、かなりスレています。


 崖崩れのあった東の畑では、チョウがたくさん翔んでいました。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♀
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 撮影時には後翅が長く見え、まだお目にかかったことのないオナガアゲハだと色めきましたが、残念ながらクロアゲハでした。前翅裏に黒い帯が見えますが、破れて欠けています。ほかにも傷んだ部分があり、そのため後翅が長く見えたようです。
 
 
キマダラセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
キマダラセセリ
 オミナエシで吸蜜中です。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 かなり傷んでいますが、♂はこの秋初めてでしょうか。ヒョウモンチョウ族の走りであれば嬉しいのですが。


 ほかにアゲハが数頭、アカタテハなどを見かけました。一斉に出てきた感がありますが、雨続きでお腹を空かしていたのでしょうね。
 
 
ニトベハラボソツリアブスズキハラボソツリアブ(上:♀・下:♂ ツリアブ科)
スズキハラボソツリアブ交尾
 こんなものもカップルで出てきました。オミナエシで吸蜜しているのは♀だけでした。(^^ゞ

 そっくりのニトベハラボソツリアブを見かけて見直した結果、これもニトベハラボソツリアブであると判明しました。(2017/10/16訂正)


 東の畑でウロウロしてたのはちょっとの間でしたが、ヤブカに何刺しも見舞われましたよ。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  地域  ウラギンシジミ  アゲハチョウ科  セセリチョウ科  ヒョウモン  アブ  交尾 

大雨特別警報

 
 昨夜来強い雨が降り続き、今朝(9/16)
02:55 避難準備情報
05:47 避難勧告
が出されています。

 雨は、9/15(01:00)の降り始めから300mm近くになっていそうですが、情報源の京都府河川情報は込み合っていてつながらず、緊迫している際はさっぱり役に立ちません。^^;

 避難場所は昔洪水のあった小さな河川を越えた場所、道路が通行可能かどうか不明のため、自宅で待機中です。
 我が家は斜面の中腹のため浸水の心配はありませんが、裏は高さ7~8mの崖で土砂崩れの恐れがあり、異常な兆候がないか警戒しています。

 現在(9/16 09:20)雨脚は、少し弱まったようです。風は音を立てて吹いていましたが、これも少し弱まったようです。

 昨日(9/15)朝から降ったりやんだりだったため、いつもの対策を講じ損ね、鉢が倒れてはいますが、屋内から見る限り目立った被害というほどのものは見当たりません。

 お昼までには強風圏を抜け、台風の影響も小さくなりそうです。
 

タグ: 自然・季節 

一番仔?

 
 朝方は-2℃、久しぶりに結氷と降霜の朝でした。
 
パンジー(スミレ科)
降霜
 茶赤のパンジーですが・・・


 でも、お昼過ぎまでは、こんなお天気でした。
 
ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラ
 こんな空でした。^O^
 最近ヤマガラを見かけたことがなく、我が家では珍しい鳥になっています。
 
 
ツバメ(ツバメ科)
ツバメ
ツバメ
 今年はエライ早いです。
 例年、お隣では別のカップルが一番仔のための巣作りをしていますが、我が家では二番仔の時期にしか訪れません。アオダイショウに卵やヒナが襲われ、慌ただしく三番仔を育てた年もあり、学習効果でヘビの活動しにくい時期を選んだのでしょうか。
 この番いのほか、巣作り応援団も2羽来ていましたが、昨年の巣が十分使えそうなので、ボランティアの必要はなさそうです。
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 3/16以来です。
 オレンジ色もそれほど鮮やかではなく、羽化から時間が経過しているように思われました。
 
 
キタキチョウ(左:♀・右:♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 ♂がしつこくちょっかいをかけていましたが、♀は見向きもしません。身につまされました。(^^ゞ

 ほかには、モンシロチョウ数頭、アセビでテングチョウ1頭を見かけた程度です。
 
 
イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシ
 何も考えず、テントウムシの1種だと思い込んでいました。体長は7~8mmで、大きさも同じくらいですから余計です。
 調べて、やっとイタドリハムシと分かりました。名前のとおり、イタドリやスイバの葉を食べるようで、これがウリ科やカーネーションをひどく食害するウリハムシのご親戚とは思えません。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  野鳥  シジミチョウ科  シロチョウ科  甲虫